FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

 

Fleurage―たおやかな花たち―

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧

    

Posted on 00:30:01 «edit»

Category:たえて桜のなかりせば

たえて桜のなかりせば 

※創作です

 

秘密キャラから離れついでにもうひとつ。

岡部さんはともかく‥瀬名さんは‥正真正銘私的キャラ。

オリキャラの扱い‥悩ましいこの頃です。


「たえて桜のなかりせば」

 

 

「‥中目黒駅を降りたら‥目黒川沿いを600メートルくらい

池尻方面に進む‥」

 

都内に桜の開花宣言が出されて数日たった夕刻‥

しかしまだライトアップはしないとのことで、

桜の名所であっても、この時間の人出はまばらだった。

川沿いの遊歩道は温かい陽気に誘われた近隣の住民が散歩しているくらい‥

特に混雑はしていない。

「さすがに真っ暗になったら酒盛りも出来ないか‥」

あたりを見回すと‥すでに6、7分咲きの桜が川面を美しく飾っている。

花には詳しくない岡部もこの花は‥知っている。

「まさか‥知らないと思って呼び出されたんじゃ‥」

‥いや‥いくらなんでもそんなことは‥

確かに花なんて‥梅と桜の区別が‥ヤバい。

 

トレンチコートのポケットに両手をつっこんで歩いていると

だんだんと川幅が狭くなり、両岸から伸びる桜の枝が交差して

まさに花のトンネルのようになっていくのを目の当たりにする‥。

「‥へえ‥キレイなもんだな‥」

感心し、時折見上げながらいくと‥約束の橋らしいものをみつけた。

「千歳橋は‥あれか‥」

桜のトンネルは美しいと思った。

確かに花に関心はないが‥美しいとは思う‥目を奪われる光景だ。

‥しかし‥あれに比べれば‥どうってことのない代物だ‥

 

橋の中ほどにじっと‥身じろぎもせずに佇む人‥

なにを考えているのだろう‥

ただ川の流れていく方向を見つめながら‥息もしていない様にみえる。

美しいのにも慣れた‥そう思っていたが‥やはり、キレイなものはキレイで‥

桜なんて‥どうでもよくなる。

グレーのダッフルコートにジーンズ‥なにを着てても美少女に見えるな、あれじゃあ‥

柔らかな髪にハラリと‥満開でないから、ハラリと‥落ちる花弁‥。

長い睫毛が影を作る白く艶やかな横顔に‥見入ってしまう‥声をかけるのも

忘れてしまうほど‥。

「‥岡部さん!‥びっくりした‥いらしてたんですか」

ふっと振り向いて、驚く瀬名。

「あ‥すみません、ええ、今来ました」

「‥ここ、混むので‥今の時期しか歩けないんです‥だから‥」

「毎年来ていたんですか?そういえばあなたの代官山のマンションから近い‥」

「日本にいる時は来てました。いつも一人でしたけど‥」

「一人で‥。キレイな花を一人で‥なんか寂しくないですか‥?」

「‥‥歩きましょう」

すっと自分のそばに寄って来たと思ったら‥黙って冷たい指が手の中に

滑り込んできて‥その手を握って‥そのまま歩きだす‥。

「一人で‥寂しくなかったです。一人で見るのが正しいんだと‥思っていたから‥」

「それは‥何故?」

「寂しい花だから‥誰かと見に行って二人で寂しくなるのって‥辛いと‥」

「桜は寂しい花なんですか?」

瀬名らしい詩的なことを言う‥しかし‥何故。

「‥世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし‥」

呟くようにその歌を口にした瀬名。

「あまり詳しくないですが‥古い歌なんですか?」

「古今集です。在原業平‥」

「どういう内容の‥」

「散り急ぐ花を見れば心はいつもせかされる‥だから最初から桜などなければ

失われる一瞬に切ない思いをすることは‥ないのに‥心静かに過ぎゆく春を‥

見送ることができるのに‥。

そんな内容です」

「‥‥」

 

桜の花びらが‥ハラリと散る‥命が落ちていくように。

なんだ‥この苦しさは‥。

まるで儚い夢のようだ‥隣の‥この人も‥夢なのか?

いつか消えて無くなる幻なのか‥

 

違う!‥そんなことは‥あるはずないだろ!

握る手にギュと力を込めたら‥そっと握り返してくれた‥。

この上なく柔らかな笑顔も一緒に。

 

その笑顔を見たら‥益々不安になった‥

まさか‥この人は‥自分を桜となぞらえているんじゃないのか‥?

 

少なからず先に逝くことを予感して‥

黙ったまま‥ただ歩いていく‥通りすがるひともまばらな夕闇せまる

桜の道を‥。

握った手だけが‥そこから流れてくるものだけが真実だ。

温かさと拍動と‥。

 

この命を失うことは‥出来ない。

オレにとっては、すべてだ‥。

「岡部さん‥さっきの歌ですが‥

散ればこそいとど桜はめでたけれ 憂き世になにか久しかるべき‥

という返歌があります。

桜は‥惜しまれながら散っていくから美しく、素晴らしい‥

この世に‥この憂き世に‥永久に続くものなんてないから‥

という意味です」

‥‥いや、違う!

「永久に続くものなど‥ない‥?

そうですね‥そうだが‥心は‥想いは続きませんか?

オレのこの‥あなたへの想いというのは‥続くものだと思ってる。

死んでも‥続くものだと思ってますよ‥。

それに‥この手は絶対離さないと決めてますから」

 

川面を見ていた瀬名が‥固まったように動きを止めた。

握られていた手を引き抜くと、

河岸の一段高くなっているコンクリートの上に岡部の方を向いて上がった。

そしてその手で岡部の頬を包み込むように挟み‥

小さく艶やかな唇がそっと‥ついばむように岡部の唇に触れて‥

「‥瀬名さん‥」

岡部の頬から首に回った両腕は‥クロスするように合わさり

慈しむように‥愛しむように‥優しく岡部を抱きしめていた。

 

「岡部さん、あなたを好きになってよかった‥」

「‥瀬‥」

「こんな自分でも誰かの為に生きれるのだろうかと‥そう思ってました‥

‥あなたが‥好きです。

この想いは‥永遠に‥永久に消えないです。

あなたのおっしゃる通り‥」

 

‥温かいな‥

いつも抱きしめていた‥だけど抱きしめられていたんだな‥

強くて‥この深い心の愛しい人に。

 

微笑ましく思われるだろうか‥

親子でも‥恋人でも‥こんなところで‥一段登った瀬名さんに

抱きしめられているオレ‥

 

散らせるか!

一人でなんか逝かせない‥そう決めていたんだ。

いつも瀬名さんの心の奥底に流れる昏い川‥

オレに辛い思いをさせまいと引導を渡そうとした‥どこまでも優しい人だ。

だけど‥短い命を予感して誰の扉も叩いたことのなかったこの人を

オレが掴まえたんだ‥。

誰が桜のように散らせるか。

 

そっと抱きかかえて段から降ろした。

「‥オレの命をあげますから‥二人で分ければ‥結構、長生きできますよ‥」

「そうですね‥二人で100歳はいけますね」

そう言って見上げた花弁のような唇に‥命を注ぎこむようなキスをした。

 

‥たえて桜のなかりせば‥

いや、たとえ心が急かされようが、かき乱されようが、

桜の花が‥この世にあってよかったと‥そう、思う。

 

 

 

桜の季節と相成りました。 

在原業平‥由緒正しき血統ながら‥

とんでもないプレイボーイ‥そんな方が遺した歌が素晴らしい‥。

まさに今ジャストの歌でした。

 

岡部さんと瀬名さんですが‥大好きですね(^−^)

少しばかり悩んでいるときは‥このお二人を書くと心が癒されます。

私のオアシスな二人は‥天使ですね。

岡部さんも?‥勿論です(笑)

‥(笑)って‥なんだ‥

 

 


 29日8時42分鍵付き拍手コメ下さいましたS●●●●●様へ

‥春休みだからって(笑)
いいんですよ、メールだけで十分。
気を使っていただいて‥嬉しい限りです。
四月にお会いできるので‥久々に学校ですねぇ。
‥楽しみです。
御贔屓の岡瀬名さん‥書きましたよっ!
‥泣けましたか‥泣かしちゃってすみません‥
感情移入していただけて‥よかったぁ!
ありがとうございました。
感謝感激‥そして‥笑えるコメ‥(-_-;)
ありがたい‥(笑)
またメール差し上げますので突き返さないでね(^_-)-☆

  by ruru

 3月22日鍵拍手コメ下さいましたAさまへ

Aさま、こんにちは♪
いつも拍手とコメントありがとうございます\(^o^)/

瀬名さんと人気のない所でお花見デートですか(^^)
うちの近所にも桜並木はありますが車道なのでいまいち。
岡部さんにとって、桜よりも瀬名さんですね!


まだひとの少ない時間帯なんかにお花見もいいですよね♪
特に目黒川沿いはホントに水面に届きそうなくらい枝が
伸びてますものね。
あれは超キレイです。
岡部さんにとってなにより、花より美しいのは‥やはり
瀬名さんです。
花もかすむ美しさだと思っています、それに儚さも‥‥
それはもう‥ゾッコンです(笑)

確かに散っていく桜を見るのは切ない(><)岡部さんを不安にさせるのですね。

サクラはやっぱり寂しい花だと思うので。
別れとか‥散り際とか‥花に嵐とか‥色々ネガティブな
イメージばかりですね。
岡部さんは花のことをよく知らないのですが‥サクラは
さすがに知ってましたね(^_^;)
そしてサクラの散るさまも和歌と一緒に見たりするとまた‥
自分よりも先に失われる命なのかと不安になりますよね、
不安になるようなことを瀬名さんが言うから(^_^;)
引導を渡したかったと言うのも辛いですねv-252

高いところから岡部さんを抱きしめてあげる瀬名さんがとってもカワイイ!
本当に微笑ましいカップルだと思います(´▽`)
薪さんと青木の次に好きなカップルです!最初はええっ!?という感じだったのですが、
今は儚げな瀬名さんには生命力強そうな岡部さんがピッタリと思えます(^^)


一段高いところから抱きついて‥チュi-178
イチコロですよ、岡部さん(≧∀≦)
瀬名さんは包容力がありますね。
岡部さんより全然小さくて、愛らしくて‥なのに包み込むような
ひとだと言うのは最初の設定からありました。
割と早い段階で生まれた人なので愛着があって
病気にはさせたくない‥(>_<)今頃そんなことを思います。
そんな設定に自分がしたのに。
でも岡部さんが確かに生命力が最強なので
それを分けてもらって‥長生きしてほしいです(/_;)
きゃーーv-344薪さんと青木の次にですか!?
それは嬉しいです。
私の創作の中では鉄板というか、あおまきさんの次に
硬いふたりだと私も思います~

ありがとうございましたv-435

  by ruru

Comment-WRITES

go page top

 コメント 

29日8時42分鍵付き拍手コメ下さいましたS●●●●●様へ

‥春休みだからって(笑)
いいんですよ、メールだけで十分。
気を使っていただいて‥嬉しい限りです。
四月にお会いできるので‥久々に学校ですねぇ。
‥楽しみです。
御贔屓の岡瀬名さん‥書きましたよっ!
‥泣けましたか‥泣かしちゃってすみません‥
感情移入していただけて‥よかったぁ!
ありがとうございました。
感謝感激‥そして‥笑えるコメ‥(-_-;)
ありがたい‥(笑)
またメール差し上げますので突き返さないでね(^_-)-☆

2010/03/30 10:47 | URL | ruru #Xl5e9i5Y  edit

3月22日鍵拍手コメ下さいましたAさまへ

Aさま、こんにちは♪
いつも拍手とコメントありがとうございます\(^o^)/

瀬名さんと人気のない所でお花見デートですか(^^)
うちの近所にも桜並木はありますが車道なのでいまいち。
岡部さんにとって、桜よりも瀬名さんですね!


まだひとの少ない時間帯なんかにお花見もいいですよね♪
特に目黒川沿いはホントに水面に届きそうなくらい枝が
伸びてますものね。
あれは超キレイです。
岡部さんにとってなにより、花より美しいのは‥やはり
瀬名さんです。
花もかすむ美しさだと思っています、それに儚さも‥‥
それはもう‥ゾッコンです(笑)

確かに散っていく桜を見るのは切ない(><)岡部さんを不安にさせるのですね。

サクラはやっぱり寂しい花だと思うので。
別れとか‥散り際とか‥花に嵐とか‥色々ネガティブな
イメージばかりですね。
岡部さんは花のことをよく知らないのですが‥サクラは
さすがに知ってましたね(^_^;)
そしてサクラの散るさまも和歌と一緒に見たりするとまた‥
自分よりも先に失われる命なのかと不安になりますよね、
不安になるようなことを瀬名さんが言うから(^_^;)
引導を渡したかったと言うのも辛いですねv-252

高いところから岡部さんを抱きしめてあげる瀬名さんがとってもカワイイ!
本当に微笑ましいカップルだと思います(´▽`)
薪さんと青木の次に好きなカップルです!最初はええっ!?という感じだったのですが、
今は儚げな瀬名さんには生命力強そうな岡部さんがピッタリと思えます(^^)


一段高いところから抱きついて‥チュi-178
イチコロですよ、岡部さん(≧∀≦)
瀬名さんは包容力がありますね。
岡部さんより全然小さくて、愛らしくて‥なのに包み込むような
ひとだと言うのは最初の設定からありました。
割と早い段階で生まれた人なので愛着があって
病気にはさせたくない‥(>_<)今頃そんなことを思います。
そんな設定に自分がしたのに。
でも岡部さんが確かに生命力が最強なので
それを分けてもらって‥長生きしてほしいです(/_;)
きゃーーv-344薪さんと青木の次にですか!?
それは嬉しいです。
私の創作の中では鉄板というか、あおまきさんの次に
硬いふたりだと私も思います~

ありがとうございましたv-435

2012/03/23 08:48 | URL | ruru #-  edit

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://harunarushima.blog.fc2.com/tb.php/415-4524279e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top