Admin * New entry * Up load * All archives 

 

Fleurage―たおやかな花たち―

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧

    

Posted on --:--:-- «edit»

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --

go page top

Posted on 13:25:00 «edit»

Category:孤高のアリア

孤高のアリア 18 

※創作です




ほとんど岡部さんと瀬名さんですね。
18話にもなって、進んで無い‥です。
20話で完結になるのか‥?
ほんとに不安になってきました。
Rというほどではありませんが‥ちょっとラブい(笑)ので
清らかな岡部さんが好きな方は‥お気をつけ下さい。
「孤高のアリア」 18




「少し気になるんですが‥」
水沢修一の画を担当していた岡部が
室長室で報告していた。
「‥なにか不審な点でもあるのか?」
「関係無いと思って調べませんでしたが
戸籍をみて‥引っ掛かったものですから‥」
「戸籍‥?」
「はい、前妻と前妻との間に生まれた子供を‥
事故で亡くしてます」
「‥‥子供はいくつだった?」
「4歳の時に‥」
「名前は‥?」
「水沢結衣です」

『名前は‥ゆい‥だと言ってます』
(心霊現象でもあるまいし‥)



「確かに心霊現象ではありません」
分院に行きっぱなしの瀬名、
症例としては厄介な方なのだろう‥そう薪は思う。
(おまけに検察との兼ね合いもある。
精神鑑定のことも)
「では、どうして‥」
「交代人格は― 基本人格と全く関わり合いの無い人格もあれば
基本人格の写し身のような人格もあります。
今回の子の場合‥莉緒さんが亡くなった結衣さんのことをご存じだったとしたら
そういう人格が現れても不思議ではないんです」
(‥確かに佐田友樹の場合も自分自身ではあった‥)
「何故知っていて‥人格として現れるほど想いが強かったのか‥
あの人格は特殊かも知れませんね」
ハッっとして瀬名に尋ねる薪、
「いちばん厄介なのは最後の人格ですか‥?」
モニターを見つめながら、
「莉緒さんにとって代わる人格になりうるかも‥」 瀬名が言った。
「‥‥」


分院から戻ってきた薪が水沢修一のMRIを見ている岡部のモニター傍に来て
「どうだ、視れるか?」と、尋ねた、が‥
「ダメです。やはり視れるのは、水沢莉緒が性的虐待を受けていた12歳前後の頃ですね。
それでも亡くなる5年前ですから妥当な結果だと思いますけど‥」
「岡部‥もう第九の守備範囲は越えた、
 警視庁が地検に送るだろう。
後は検察だ。
この画はこれまでで終了していい」
「しかし‥検察が出てきたって‥どうするって言うんですか?
聞きとりもできないでしょうに」
「無理だ。精神疾患に素人の検察官はただ面食らうだけだろう。
瀬名さんが解離性同一性障害という確定診断を提出しても
世間の反応を気にして起訴断念という結論を出すのに時間がかかるだろう‥
そんな検察の相手をする先生も大変だ。
そうだろ、岡部」
「‥はぁ‥」
と、なんとも微妙な返事をする岡部。
確かに大変で‥マンションに戻る暇もない瀬名。
そのとばっちりで超ブルーな岡部だった‥。


岡部が分院のスタッフルームを訪れた時、
まさに検察官VS臨床心理学者の場面がそこにあった。

アメリカのロースクール出身、SDJ修了者のエリートで
瀬名のカウンセリングも受けたことのある原検事が地検、刑事部の
担当検事だった。

「では原さんが直接お話してみたらどうですか?」
「そうしないことには‥報告書も書けませんね」
「それでは、どうぞ」
「岡部さんも一緒にいらっしゃいますか?」
瀬名の問いに、
「いや、オレはここでモニターを見てますから」
そう答えた。

スタッフルームから閉鎖病棟へ移動して、
「白い部屋」と呼ばれる病室を訪れるふたり。
ベッドの上でクマや、犬、ネコのぬいぐるみを置き、
玩具の果物や魚をそれぞれに配っている彼女。
「ゆいちゃん、こんにちは」
ニッコリ笑ってベッドサイドでその様子を見つめる。
「先生、この子はリンゴが好きなんだって」
「へえ、子猫はリンゴが好きなんだ‥?
名前はなんて言うの?」
「みみちゃん」
「可愛い名前だね」
屈めていた体を起こして原検事を振り向く瀬名。
「原さん?なにかこの子にお尋ねになりますか?」
「‥なんというか‥こういう事例はアメリカでは扱ったというか、
書類上しか知りませんが‥起訴とかいう以前のことでしょう」
「‥4歳の幼児ですから、中身は」
「治癒しますか?」
「たとえ、本来の人格を取り戻したとしても他人格の起こした事件の
責任はとれません」
「それは分かります‥しかし、今まで日本でも数例連続殺人の被疑者が
解離性同一障害だと疑われる事案がありました、が‥」
「いずれも起訴されて刑事罰を受けていますね」
「ええ、精神鑑定のレベルの問題もあったし‥世論もなにかと騒がしいし‥」
「今回は、全く疑う余地のない解離性同一性障害です」
「‥‥ですが」
「原さん、私が判定しているんです。
なにか問題がありますか?」
顔見知りの原検事には特に遠慮もなくモノを言う瀬名。
「問題‥?問題なんてあるわけ無い‥
そんなことは地検全体が分かっていることです。
だから苦悩しているんですよ」

誰もが認める天才臨床心理学者‥
世界中に彼のカウンセリングを切望するクライアントは数知れず‥
犯罪心理学の世界でも名をはせている10代などどこにもいない。
ただ一人の稀有な存在。
「あ‥もうじきハタチか‥」
監視モニターから目を離して呟く岡部。


「‥再婚前のことは分からなくても‥何故莉緒さんに対して
そういう行動を取ってしまったのかを考察するときに、いくつかキーワードが
浮かんでは来ます」
モニター内に映る、ぬいぐるみで遊ぶ彼女の姿を見つめながら瀬名が言った。
「なんですか‥?」
「娘、それから‥出会った年齢、容貌‥」
「確かに自分の娘が亡くなった年齢で再婚して義理の娘になってますが‥
容貌というのは‥?」
「似ているでしょう?莉緒さんと、亡くなった結衣さん‥。
薪さんから提示されたあの写真は結衣さんです。
鑑定から戻ってくれば分かりますが‥その写真を持っていたのは莉緒さん。
どういう経緯で莉緒さんが持っていたのかは想像の余地は出ませんが‥
多分、こうではないかと考えていることはありますが‥」
「それは‥」
「‥戻ってからお話します」
「どこに戻るんですか?」
「‥マンションに」
「‥‥あの‥」
「少し整理したい資料があるので今夜は戻ります」
「ああ‥そうですか‥」
「‥どうしてそんな深刻な顔をされているんですか?」
笑いをかみ殺しながら岡部を見上げる瀬名。
「ちょっと‥散らかっているかもしれません‥」
「ええっ?!」
「すいませんっ!ちよっとキッチンに洗いものが‥」
微笑みながら、頭を抱える岡部の頬に手を伸ばして触れる。
「ヒゲも伸びてます‥」
「‥嫌ですか‥?」
「いえ、すごく‥好きです」
「‥‥」
真っ赤になっている岡部の腕を捉まえて、
「一緒に戻りましょう」と、囁いた。


「体は‥大丈夫なんですか‥?」
パソコンに向かう華奢な後ろ姿をベッドの中から見つめる岡部。
「大丈夫です。ここにいるとチャージされて‥回復する感じがします」
「それじゃ、やっぱり疲れてて‥」
「心配性ですね」
椅子ごとクルリと振り返る瀬名。
「そりゃぁ‥大事なひとですから‥」
「‥‥」
黙って岡部の横へ、滑るようにベッドに入ると、
その胸の中に潜り込む。
「‥こういう胸を欲っしていたんですね、彼女は」
「彼女‥?」
「はい‥。生まれた時から父親のいなかった彼女にとって
水沢修一はとても‥あこがれの存在だったんです。
ただ、義父の中には取り除けない人がいた‥。
とても不幸なめぐり合わせだった‥」
胸から顔を上げ、じっと見つめる瀬名の額の柔らかな髪にくちづけて‥
大きな手で細い肩を包み込むように抱きしめる岡部。
「岡部さん‥?」
「オレは何でもいいです。
もう、父親でも‥兄弟でも‥あなたが傍にいてくれりゃ‥なんでも」
岡部のパジャマの背中を細い指がギュッと掴んだ。
「嫌です‥」
その言葉に、瀬名の顔を覗き込む。
「私はそんなの嫌です」
そう言って、岡部の顔を両手で挟み引き寄せると‥そっとくちづけた。
「だって‥あなたとセックスできないでしょう?恋人じゃないと‥」
「もしかして‥誘惑してますか‥?」
「‥はい」

休む暇もない瀬名の今の状況を考えると、とても無理はさせられないと
岡部は思っていた。
愛しくて、可愛くて‥何より大事な人だから自分の想いは置いといて
この人のことだけ考えよう‥そんなふうに。

こういう関係になってすぐ辿りついた境地だ。
体の弱い瀬名に欲望をぶつけることなどあってはならない‥。
しかし、いつもそれを瀬名自身が押しのけて自分を求めてくる。
そうなると‥弱い自分を制することができずに‥
そんな岡部を見透かすように瀬名が言った。
「愛情があるから欲しいんです。
未来なんてどうでもいいって言うくらい愛しているから‥したい」
「‥瀬名さん、オレは加減ができなくて‥溺れてしまう、どうしても」
「それでいいんです。‥愛して下さい」
(どうして抗える?オレはそんなに人間ができてない)

欲しいのは、優しくも激しい情交‥
温かく柔らかな肉の交わり。


瀬名の体を開きながらいつも岡部は尋ねる。
「大丈夫ですか、辛くないですか‥?」
岡部が瀬名に与えるもの―
それが苦しみでも痛みでも、辛いなどということは瀬名は感じない。
それも岡部のくれるものなら‥悦びでしか無い。
そして、骨が軋むほど抱きしめられて‥激しい情欲の波にのまれていくのだ。
遠慮がちに求める岡部の腕に縋りながら
「もっと‥」 もっと魂まで抱いて欲しい―
その胸の内を感じ取ったように、のけ反る背を支えながら
瀬名が開ききって蕩けるまで、激しい抽挿に没頭していった。






続く




ええっと‥いつも可哀そうな岡部っちに今回は‥(笑)
でも、詳しい描写は控えさせていただきました。
メインで書いた時にまた‥(^_^;)

それにしても自分の趣味だけで書いてますねぇ‥
いいんだろうか‥と、不安になります。

 10月6日鍵付き拍手コメ下さいましたS様へ

このカップルもすきーっ!っと、
大きな声(笑)で叫んでいただいたようで‥
ありがとうございます<m(__)m>
岡部さんが不憫で‥(^_^;)
勿論瀬名ちゃんもですけど。
渋いと申しましょうか、
岡部さんだけでなく瀬名さんも年寄りくさいところがありますので、
渋いカップル(笑)
今回色々の描写は避けました(笑)
そっちがメインではないし‥
また‥その時は別に書かせていただきます。
あ、それかお送りします(^−^)
ご希望あればまた御連絡下さいね〜
あ‥大丈夫ですよ、なんとか‥治ったようです(・_・;)
しょっちゅうおバカなことしてるので自分でも
呆れてます‥
こんなことすれば胃は痛くなるだろう‥ってようなこと(笑)
ほんとうにありがとうございました、心も癒えたような‥?‥どうだろう?
メールお送りいたしましたのでそちらを見ていただければ‥分かっていただけるかも‥
あははははははは‥ばかでしょ?
v-406‥‥笑って下さい(^_^;)

  by ruru

 8月22日鍵拍手コメ下さいましたAさまへ

Aさま、こんにちは!
拍手とコメントありがとうございます~v-10

何故か、昼間は拍手ページが表示出来ませんでした。遅くてすみません。
4歳の女の子に取って代わられたら一生、子供のままなのかしら?生活出来ませんね。
Sのように悪気は無いのでしょうが・・担当検事は原さんでしたか(^^)


あららら‥どうしたのでしょう?
私も気づかず、お返事がとっても遅くて申し訳ありませんでした。
4歳の幼女に取って代わられましたね。
自分のやったことに気づかされるよりはマシでしょうか。
オリジナルの責任ではないのですが‥
どうなってしまうのか‥i-230
担当は原さんです。
あのバカ原のいとこですが、こっちは本当に検事として
優秀ですi-237

岡部さん、いつもヒゲ面だけど少しは剃ってるのか?
アレ以上伸びるとクマのように・・でも、好きなのね(笑)


クマが好きだそうです(笑)
髭が好きというのも‥ファザコンぽいです。
頬を摺り寄せると痛いと思うんですけど‥i-227
あばたもえくぼ、蓼食う虫も好き好き‥←酷い(笑)

恋人じゃなきゃ嫌だとか。
何か瀬名さんの方が今では岡部さんに夢中なような・・(〃▽〃)
瀬名さんにとっても岡部さんは自分を救ってくれた人なのでしょうね。
薪さんにとっての青木のように・・


惚れてますv-402
お互いに離れられない関係ですが‥確かに瀬名さんはベタぼれで
いなかったら生きていけないのだと思います。
青木に惚れた薪さんのように。

岡部さんがいなかったら今頃瀬名さんはアメリカにおられたはず。
運命の出会いですね、
私のオリキャラの中で比較的おとなしかった瀬名さんは
岡部さんとペアになって独り歩きしておりますi-229

ありがとうございましたe-446e-419

  by ruru

Comment-WRITES

go page top

 コメント 

10月6日鍵付き拍手コメ下さいましたS様へ

このカップルもすきーっ!っと、
大きな声(笑)で叫んでいただいたようで‥
ありがとうございます<m(__)m>
岡部さんが不憫で‥(^_^;)
勿論瀬名ちゃんもですけど。
渋いと申しましょうか、
岡部さんだけでなく瀬名さんも年寄りくさいところがありますので、
渋いカップル(笑)
今回色々の描写は避けました(笑)
そっちがメインではないし‥
また‥その時は別に書かせていただきます。
あ、それかお送りします(^−^)
ご希望あればまた御連絡下さいね〜
あ‥大丈夫ですよ、なんとか‥治ったようです(・_・;)
しょっちゅうおバカなことしてるので自分でも
呆れてます‥
こんなことすれば胃は痛くなるだろう‥ってようなこと(笑)
ほんとうにありがとうございました、心も癒えたような‥?‥どうだろう?
メールお送りいたしましたのでそちらを見ていただければ‥分かっていただけるかも‥
あははははははは‥ばかでしょ?
v-406‥‥笑って下さい(^_^;)

2010/10/06 16:21 | URL | ruru #Xl5e9i5Y  edit

8月22日鍵拍手コメ下さいましたAさまへ

Aさま、こんにちは!
拍手とコメントありがとうございます~v-10

何故か、昼間は拍手ページが表示出来ませんでした。遅くてすみません。
4歳の女の子に取って代わられたら一生、子供のままなのかしら?生活出来ませんね。
Sのように悪気は無いのでしょうが・・担当検事は原さんでしたか(^^)


あららら‥どうしたのでしょう?
私も気づかず、お返事がとっても遅くて申し訳ありませんでした。
4歳の幼女に取って代わられましたね。
自分のやったことに気づかされるよりはマシでしょうか。
オリジナルの責任ではないのですが‥
どうなってしまうのか‥i-230
担当は原さんです。
あのバカ原のいとこですが、こっちは本当に検事として
優秀ですi-237

岡部さん、いつもヒゲ面だけど少しは剃ってるのか?
アレ以上伸びるとクマのように・・でも、好きなのね(笑)


クマが好きだそうです(笑)
髭が好きというのも‥ファザコンぽいです。
頬を摺り寄せると痛いと思うんですけど‥i-227
あばたもえくぼ、蓼食う虫も好き好き‥←酷い(笑)

恋人じゃなきゃ嫌だとか。
何か瀬名さんの方が今では岡部さんに夢中なような・・(〃▽〃)
瀬名さんにとっても岡部さんは自分を救ってくれた人なのでしょうね。
薪さんにとっての青木のように・・


惚れてますv-402
お互いに離れられない関係ですが‥確かに瀬名さんはベタぼれで
いなかったら生きていけないのだと思います。
青木に惚れた薪さんのように。

岡部さんがいなかったら今頃瀬名さんはアメリカにおられたはず。
運命の出会いですね、
私のオリキャラの中で比較的おとなしかった瀬名さんは
岡部さんとペアになって独り歩きしておりますi-229

ありがとうございましたe-446e-419

2012/08/23 19:59 | URL | ruru #Xl5e9i5Y  edit

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://harunarushima.blog.fc2.com/tb.php/544-44970944
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。