Admin * New entry * Up load * All archives 

 

Fleurage―たおやかな花たち―

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧

    

Posted on --:--:-- «edit»

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --

go page top

Posted on 15:48:35 «edit»

Category:孤高のアリア

孤高のアリア 19 

※創作です




短めです。
ちょっとした聞き込みやってます。
捜査ではなく、後ろ髪を引かれる思いで、やってらっしゃるのでしょう。

それにしても‥自分で自分が‥うーん‥やっぱり、
こんなんじゃダメだろう‥なーんて思っていますが
お暇がもしあれば‥ご覧くださいませ。
ああ、だけど‥
こんなのお見せするのも‥申し訳ない気持が
どんどん強くなってきます。
申し訳ありません‥。

毎回、これだ‥(^_^;)
「孤高のアリア」 19





「青木、お前まで来なくていいんだぞ。
これは正規の捜査じゃないからな」
「いえ、暇ですから。‥でも‥だったらどうして薪さんは動いているんですか?
もう検察に渡るんでしょう?」
「‥趣味だ!」
「趣味‥なんかドラマみたいですね、
趣味で聞き込みなんて‥」
「お前も暇って‥休暇だろ、休んでればいいのに‥」
「大丈夫です!オレは薪さんの運転手兼相棒として頑張ります!」
「相棒‥?随分と‥」
「なんですか?」
「‥いや、なんでもない‥」
東都大学病院本館のロータリーから駐車場へ向かう、
公用車‥ではなくて、個人所有の車両。

日本の医療技術の最高峰(ソフト面でもハード面でも)を集めている東都大の附属病院。
その小児外科の部長だった水沢修一は、
9年前に相模原市郊外の急斜面から転落して死亡していた。
その脳は生前の意向もあり研究目的で大学に残されていたのだ。
しかし記憶は5年以上遡るとはできず、
水沢修一を知っていた大学病院の同僚とコンタクトが取れた為
急遽休みを返上して、病院へとやってきた薪と青木だった。

先端医療の恩恵に預ろうと、ロータリーには行き交う人が溢れていた。
中に入る直前、携帯の電源を切ろうと薪が携帯を取り出すと
マナーモードの振動が着信を伝える。
「‥‥どうした?まだ視てたのか‥それで‥確かにそうなのか?
分かった。そのことも聞いてみる」
通話を終え、電源を切った薪に青木が尋ねる、
「岡部さんですか?なんて‥」
「もう一度精査した結果‥水沢莉緒の手は‥義父には触れていないように思うと‥
そう言ってきた」
「‥‥相模原での事故死‥水沢莉緒の交代人格が殺害したんではなくて‥ですか?」
「確かに触れられる距離にいて、突き落したように見えていたが
岡部は触れていないと言っている。
だったら自殺か‥
あの場所には一応50センチほどの仕切り塀があったし、
大人が足を滑らす場所じゃない。
自殺だったとしたら‥理由があるだろう」
そう言って背中を向けた薪の後ろを慌てて青木が追いかける、
本館正面玄関の自動ドアから、ざわめく院内にふたりは吸い込まれていった。


「水沢教授は‥家族を大切にする、ほんとうに教授にしては
珍しく独善的ではなくて周りに気を配る方でした。
だからご自分の体を検体として差し出してるし‥」
小児外科で当時直接指導を受けていた後輩の医師が最上階のラウンジでそう口にした。
「前妻の方とお子さんが亡くなった時は‥」
「‥それは‥かなりショックだったようで‥他の救急外来に運ばれて
オペしたんですが、残念ながら‥。
ご自分がオペしていたらお子さんは助かったかも知れないと‥
そうおっしゃってました」
「それを引きずっていらっしゃるようでしたか?」
「ええ‥あの後は‥時々考え込んだり、溜息をついてらっしゃったり‥
再婚されて癒されたと思っていたんですけど‥」
「思っていた‥というのは‥?事故で亡くなられましたよね、
なにかご存じなんですか?」
「あ‥いえ、やはり亡くなった奥さんや子供さんのことが
頭を離れなかったのかと‥自分のことも責めておられたから
再婚されて、新しい奥さん、新しい子供に心を移すことって
できなかったんでは‥仕方なく再婚されたと 聞きましたし‥」
「ずっと‥亡くなったお子さんたちのことを思っていた―
そう言うことですか‥」
「そう簡単に忘れないにしても‥心から閉め出すことは無理ですよ、
無理をすれば心が壊れてしまいます。
そういうのが積み重なって‥自殺なさったと‥
あれは事故ではなくて自殺ですよ。
義理の娘さんと一緒だったようですけど、死ぬ気になれば
死ねるでしょ‥」
「義理の娘さんとはうまくいってなかったんですか‥?」
青木の問いに、持っていたコーヒーカップを置いて再び口を開く。
「最初は可愛がっていたようです。
亡くなったお子さんと同じ女の子でしたし、再婚した当時4歳でしたから
亡くなった娘さんの生まれ変わりのように
思ったんではないですかね‥」
「その後は‥うまくいってなかった‥?」
「いたって普通に見えましたけど、
職場では‥どこか違和感が消えなかった‥
現実を生きてはいないような‥どこか虚ろで‥
どこで人生が狂ったのか‥順風満帆だったんですよ、
教授は。
東都付属から医学部までストレートにきて、
同期の奥さんと結婚して‥若くして教授になって。
‥あの事故があった日に‥たまたま‥家にいなかったから‥」
「‥どこにいらっしゃったんですか‥?」
じっと手元のカップを見つめながら黙りこむ医師。
「それほど責任を感じたということは‥
不倫相手のところにいたんではないですか?」
「‥‥」
「もしかしたら相手は‥再婚された奥さんですか?」
「知ってたんですか‥そうです。
いわゆる、不倫ですね。
事故の前から奥さんとは泥沼ですよ。
ですから自分が殺したようなものだと言ってました」
「そういう経緯があったから自殺だと思われたんですか」
「はい‥」


「つまり、憎しみの対象に変化したんですか?」
尋ねる青木。
「そう簡単に人の心がコロコロ変わるわけがない。
しかし、義理の子供になんの罪がある‥妻と自分に罪はあるだろうが
子供を憎む権利も筋合もまったくない。
挙句の果てに性的虐待‥亡くなった妻と子供‥再婚した妻‥
そして義理の娘まで地獄に落とす訳だから罪は重いだろう‥」
「だとしたら‥新しい人格はどうして‥」
「分からないか‥?
彼女がどれほど愛情を欲していたのか‥
愛情を受けずに育った子供が義父に愛情を求めたのが間違いだったというなら‥
彼女は何を心の支えに生きていけばよかったのか‥結局、
大人の事情に振り回されて精神の均衡を失った‥
‥やはり莉緒は結衣になりたかったんだと‥思う」
薪は― 
大きな溜息をついてシートに沈み込み‥助手席のドアを閉めた。
 
あの、交代人格のSは自分がやったような言い方をしていた。
義父は諸悪の根源だとも‥
しかし、Sはやっていない。
では、庇ったということか‥莉緒が手を下したとなると
心神喪失状態でない状態で殺人を犯したということになる。
それを庇った‥?交代人格が‥?
そんな事ができるとは‥思いもよらなかった。

「何というか‥やはり分からない部分はあるな‥」
小さく呟く薪の声に都会の雑踏や、車のエンジン音がかぶって
聞き取れない。
青木は、「今何て言ったんですか?!」
薪の顔に耳を近づけて大声で聞いた。
「声がでかい‥」
「なんですか?!」
「‥‥」
信号待ちで停車して、青木はアイドリングを止めて
もう一度訪ねる。
「聞こえなかったです。なんて‥?」
「‥お前の横顔は‥なんて繊細で、キレイなんだろうって‥知的だし‥
そう言ったんだ」
「‥‥ウソですね‥?最後の知的っていうのが‥いかにもウソっぽいです」
「こういうところは鋭いのに‥残念なやつだな」
動き出した車列に再びかき消される声。
「えっ?!」
「‥耳鼻科に行け‥」
「でも‥やっぱ、都心はうるさいですよね」
「‥‥ああそうですか、と‥」
「薪さん?どうかしたんですか?」
「‥もう、いい」

日は西に傾きかけ、初秋の街は橙色に染っていた。






続く





短い‥
検察に渡ってしまってもすべてがしっくりこないし
気になる‥
だから調べる薪さん、相棒連れて(笑)
役に立たない相棒って‥いや、何かあればきっと青木だって‥
あはははは‥多分。
自分で書いてて解明されてなかった真実に気がつくなんて
笑い話みたいだな‥と、思います。

 10月7日鍵付き拍手コメ下さいましたS様へ

コメントありがとうございます。
後ほどメール差し上げます、
‥ご心配いただいて‥すみません‥

  by ruru

 8月24日鍵拍手コメ下さいましたAさまへ

Aさま、こんにちは!
拍手とコメントありがとうございました!

今日も暑いですね!

暑かったです‥とっても暑くてたまりません!
何のために避暑に来てるのか分かんなくなりました(笑)

薪さん、趣味で聞き込み捜査・・本当に仕事好きですね(^^;)
仕事以外の趣味は映画鑑賞?音楽はクラシック?私も薪さんのプライベートが知りたい!


私も知りたいです~v-10
好きな食べ物とか、虫が苦手なの?とか、
ご飯は固めが好き日、やわらかいのが好きか?
歯磨きは朝起きてすぐやる派か、ご飯の後に歯磨きする派か
‥‥どうでもいいことばっか(笑)

青木、原作でも「明日に向かって撃て!」に憧れて
薪さんを「最後まで一緒に戦ってくれる人」と言ってましたが・・
私は初めて読んだ時、青木、薪さんに頼ってるだけじゃん!て思いましたけど。
今は一生、薪さんを精神的に支える相棒になったということで良しとしましょう(^^)


最後まで一緒にいるという意味ではわかりますが
私はつまらない例えだと思いました。
だって薪さんは最後まで青木を助けようとすると思います。
どうにか青木だけでも生き残るすべを探すのでは?
これからは‥
青木には心も体も支えて欲しい‥v-10
薪さんもきっと青木のことをもっと愛していくと思います。

青木が繊細で知的・・やはり、吹いちゃいますね(笑)
東大出てるから知的か(^^;)


ですよね~
薪さんったら、イヤミ‥v-12
さすがの青木も気づいたようですね(笑)
知的とは思いませんけど、勘は良いのだと思います。
ひらめきってタイプですね。
知的っていうのとは‥ちょっと‥‥ふふふふっ

ありがとうございましたe-446e-266

  by ruru

Comment-WRITES

go page top

 コメント 

10月7日鍵付き拍手コメ下さいましたS様へ

コメントありがとうございます。
後ほどメール差し上げます、
‥ご心配いただいて‥すみません‥

2010/10/07 20:35 | URL | ruru #Xl5e9i5Y  edit

8月24日鍵拍手コメ下さいましたAさまへ

Aさま、こんにちは!
拍手とコメントありがとうございました!

今日も暑いですね!

暑かったです‥とっても暑くてたまりません!
何のために避暑に来てるのか分かんなくなりました(笑)

薪さん、趣味で聞き込み捜査・・本当に仕事好きですね(^^;)
仕事以外の趣味は映画鑑賞?音楽はクラシック?私も薪さんのプライベートが知りたい!


私も知りたいです~v-10
好きな食べ物とか、虫が苦手なの?とか、
ご飯は固めが好き日、やわらかいのが好きか?
歯磨きは朝起きてすぐやる派か、ご飯の後に歯磨きする派か
‥‥どうでもいいことばっか(笑)

青木、原作でも「明日に向かって撃て!」に憧れて
薪さんを「最後まで一緒に戦ってくれる人」と言ってましたが・・
私は初めて読んだ時、青木、薪さんに頼ってるだけじゃん!て思いましたけど。
今は一生、薪さんを精神的に支える相棒になったということで良しとしましょう(^^)


最後まで一緒にいるという意味ではわかりますが
私はつまらない例えだと思いました。
だって薪さんは最後まで青木を助けようとすると思います。
どうにか青木だけでも生き残るすべを探すのでは?
これからは‥
青木には心も体も支えて欲しい‥v-10
薪さんもきっと青木のことをもっと愛していくと思います。

青木が繊細で知的・・やはり、吹いちゃいますね(笑)
東大出てるから知的か(^^;)


ですよね~
薪さんったら、イヤミ‥v-12
さすがの青木も気づいたようですね(笑)
知的とは思いませんけど、勘は良いのだと思います。
ひらめきってタイプですね。
知的っていうのとは‥ちょっと‥‥ふふふふっ

ありがとうございましたe-446e-266

2012/08/25 09:12 | URL | ruru #Xl5e9i5Y  edit

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://harunarushima.blog.fc2.com/tb.php/545-b263a9c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。