Admin * New entry * Up load * All archives 

 

Fleurage―たおやかな花たち―

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧

    

Posted on --:--:-- «edit»

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --

go page top

Posted on 00:05:17 «edit»

Category:海と風と空の部屋

海と風と空の部屋 1  

※創作です



あおまきですが、
この回は短いです‥(^_^;)
青木は薪さんと一緒に暮らせるのか‥?編です。

よろしかったら‥見てやってください。
「海と風と空の部屋」 1 





今月に入って‥廻ったモデルルームは4か所。
どれも薪さんのお眼鏡にはかなわず、
暗礁に乗り上げたような形だ。
早く一緒に住みたい‥という気持が日に日に大きくなって
‥焦る一方だ。

「このパンフレット、どうした‥?」
ダイニングテーブルの上に置いたモデルルームのパンフレットを
手にとって薪さんが聞いて来た。
ヤバい‥。
それは‥ものすごくヤバい。
思わずソファから立ち上がって直立不動になる。
「あの‥貰ったんです」
「誰に」
「‥‥」
「‥また例の人妻か?」
まだ‥そのことを‥。
「持ってきて下さったんで‥」
「これは‥いらない」
ティッシュを引っ張り出し、
それで挟んだパンフレットを親指と人差し指で持つと、
テーブルの端に押しやった。
「はい‥えっと‥」
「いらないから捨てておけ」
そう言ってオレの顔を真っ直ぐに見つめた。
有無を言わさぬ強い眼差しで‥
「なんだ?文句でもあるのか?
自分は僕の携帯を壊しておいて‥」
「あれは‥他の男の着信やメルアドが入ったものを
あなたが持っているなんてとっても許せなくて‥ついカッとなって‥」
「同じじゃないか!僕だって人妻が持ってきたパンフレットを
お前が触れる‥そんなことは絶対許せない」
「妬いてくれてるんですね‥」
オレが入れたミルクティーのカップをガチャっと音をたてて置いた。
「そうじゃない、お前は僕のだ。
僕の許可なく近づいたり、話しかけたりされるのは困る。
ただ、それだけだ」
それだけって‥‥ヘンです。
薪さんの理屈は‥ヘンですけど‥可愛い。
たまらず、その柔らかな頬に触れると‥オレの手を取って、指にそっと唇を寄せた。
少しきついことを言った後、フォローするように優しくしてくれる‥。と思っていたら、
「あの人妻‥移動してもらおうかな‥」
指を掴んだまま上目遣いでオレを見てボソッと‥そう言った。

‥怖い‥怖いです、薪さん‥


ええっと‥まあまあ、それは置いといて‥部屋をどうするか‥。


薪さんが言った。
「一緒に住むと言うことがどういうことが‥分かっているんだな?」
「覚悟を言ってるんですか?」
「‥お前が僕を束縛するのとは訳が違う。僕の束縛は―
半端じゃないぞ、それでもいいのか‥?
今は別々に住んでいるからまだいいが‥一緒に住んだら‥
お前は僕の正真正銘の伴侶になるんだぞ、
そうでないただのセフレと同居する気は無いからな」
「分かってます」
「もう逃げられないぞ」
「最後通告ですか‥オレは‥薪さんと暮らしたいです」
「‥可哀そうに‥僕なんかに捉まってお前は‥」
可哀想‥というのは、どういう意味だろう。
薪さんが言っているのは‥子孫も残せない相手と‥ということなのか‥?
いや、違う‥
今更、そんな事じゃない。
やっぱり覚悟を言っているんだろう。
一生添い遂げると言う覚悟を持つというのは並大抵なことじゃない。
家、もしくは部屋を買う‥それはひとつの象徴だ。
だから薪さんはオレに覚悟を聞いたんだと思った。

ただ好きだから、愛しているから一緒にいたい‥それではダメなのか。
それは生ぬるいことなのだろうか‥。
他人がひとつ屋根の下に共に暮らすというのは修羅場を生むことも
あるだろうし、ぶつかることもある。
薪さんはそれを言いたかったのか‥しかし‥
薪さんとオレは‥他人じゃない。
血を分けた人間以上に強く結びついていると、信じている。
「大丈夫ですよ」
「なにを根拠にそう言い切る?」
「‥内緒です」
「‥‥ふざけてる」
「違いますよ、今から手の内は見せません。
人生は長いんですから」
「ふーん‥」
片肘をついていかにも怪しい‥というふうに薪さんがオレを見ていた。

オレと薪さんはひとつの魂をふたつにして生きている‥。
そんなふたりが一緒に住んでダメになるなら‥
出逢っていないと思う、
愛してはいないと思う。
出逢って、愛したのだから‥そこに意味があるんだ。

離れられないという宿命を与えられた出逢いだった、きっと。


だから一緒に暮らしたい。
同じ時間を過ごしたい‥。
「明日、2件廻っていいですか?モデルルーム‥」
「‥仕方ないな」
カップの中に差し入れた銀のスプーンをカチャカチャと回しながら
そう言って、
「だけど‥僕の条件に沿ったものじゃないとダメだからな」
と、付け加えた。
「‥‥」
薪さんの条件、それは―
海が見えること、
海からの風を感じれること、
そして‥空が近いこと‥。

これが結構、厄介な条件だった。





続く





短いですが続きます。
薪さん、家を買う?
お家のことは「遺書」の時から
探してましたけど
買うところまでいけるのでしょうか‥?
探すのはOK出してたのですがなかなか‥(笑)

例の人妻‥その「遺書」で出てきた科警研の
臨床検査技師のことです。
怒りのあまり薪さんが人前で青木を平手打ちした回に
ちょっとだけ出てました。

 10月23日、鍵付き拍手コメ下さいましたS様へ

拍手とコメントありがとうございます。
きゃ〜♪
可愛さにいかれちゃいましたか、ありがとうございます〜♪
完璧に妬いております(笑)
でもそこが‥可愛いんですよね(^−^)
薪さんの許可なく触ると‥祟られます(笑)
でもそこまで言われたら‥青木も嬉しいのでは‥v-402
だって薪さんですよ。
薪さんに妬いてもらえるなんて‥
そんな幸せなことって‥無いと思いますv-344
青木の‥幸せ者っ!(笑)
青木と喋っていいか聞いてくれとおっしゃいますか‥(^_^;)
絶対断られるから嫌です‥‥でも、どうだろ‥
安全圏なら問題ないかも‥
ごめんなさーーーい!言いすぎましたぁv-436
メールありがとうございました、お返事読んでいたたげると幸いです。

  by ruru

 8月29日鍵拍手コメ下さいましたAさまへ

Aさま、こんにちは!
拍手とコメントありがとうございます~v-344

うん、二人が一緒に住み始めたあたりから読んだと思います。
でも、コメントはあまり、書いてないと思うのでまた、読み返したいと思います(^^)


このお話しは家探しなのですがなかなか上手くいかず
青木が悩むお話しです(^_^;)
読んで下さったのにコメントまでありがとうございますm(__)m
条件があまりに厳しくて‥薪さんの条件に合うところなんてなかなか‥

うちの娘、マンションに住みたいとかで(家は古い一軒家で狭い)
自分でパソコンで資料を取り寄せてはモデルルームを一人で見学に行きます(^^;)


すごいなぁ、娘さん(笑)
パソコン見てると色々ありますものね。
駅近とか、タワーとか‥見学までいっちゃう行動力は素晴らしい!
でもお金を出すのは‥ご両親。
大変だーーー(笑)
私も資料をみるのは好きですね。
それで住んだつもりになります。なんか寂しい(笑)

あんなんでも見せて貰えるのですね。
買えるわけないのに!無理な夢見ないで欲しい(´`)


見せてはくれますよね。
大きな買い物なので業者も買う買わないではなく見せてくれると
思います。
夢か‥夢はみたいですものね。
私も買えないけど‥夢見てますもの。

焼きもちやきの薪さんカワイイ(^^)
青木にはわざと?嫉妬させるくせにね(笑)
原作の青木も家族と言ってますものね。血より強い絆があるのです!


人妻にヤキモチ妬きました(笑)
確かに青木にはわざと嫉妬させて嫉妬心を煽ったりして(^_^;)
例え血が繋がって無くても深くて切れない絆が
青木と薪さんの間にはあると思います。
一生家族ですe-446e-415

それにしても‥あの続きを見たいですね‥(-_-;)
これも夢ですか?(笑)

  by ruru

Comment-WRITES

go page top

 コメント 

10月23日、鍵付き拍手コメ下さいましたS様へ

拍手とコメントありがとうございます。
きゃ〜♪
可愛さにいかれちゃいましたか、ありがとうございます〜♪
完璧に妬いております(笑)
でもそこが‥可愛いんですよね(^−^)
薪さんの許可なく触ると‥祟られます(笑)
でもそこまで言われたら‥青木も嬉しいのでは‥v-402
だって薪さんですよ。
薪さんに妬いてもらえるなんて‥
そんな幸せなことって‥無いと思いますv-344
青木の‥幸せ者っ!(笑)
青木と喋っていいか聞いてくれとおっしゃいますか‥(^_^;)
絶対断られるから嫌です‥‥でも、どうだろ‥
安全圏なら問題ないかも‥
ごめんなさーーーい!言いすぎましたぁv-436
メールありがとうございました、お返事読んでいたたげると幸いです。

2010/10/24 14:04 | URL | ruru #Xl5e9i5Y  edit

8月29日鍵拍手コメ下さいましたAさまへ

Aさま、こんにちは!
拍手とコメントありがとうございます~v-344

うん、二人が一緒に住み始めたあたりから読んだと思います。
でも、コメントはあまり、書いてないと思うのでまた、読み返したいと思います(^^)


このお話しは家探しなのですがなかなか上手くいかず
青木が悩むお話しです(^_^;)
読んで下さったのにコメントまでありがとうございますm(__)m
条件があまりに厳しくて‥薪さんの条件に合うところなんてなかなか‥

うちの娘、マンションに住みたいとかで(家は古い一軒家で狭い)
自分でパソコンで資料を取り寄せてはモデルルームを一人で見学に行きます(^^;)


すごいなぁ、娘さん(笑)
パソコン見てると色々ありますものね。
駅近とか、タワーとか‥見学までいっちゃう行動力は素晴らしい!
でもお金を出すのは‥ご両親。
大変だーーー(笑)
私も資料をみるのは好きですね。
それで住んだつもりになります。なんか寂しい(笑)

あんなんでも見せて貰えるのですね。
買えるわけないのに!無理な夢見ないで欲しい(´`)


見せてはくれますよね。
大きな買い物なので業者も買う買わないではなく見せてくれると
思います。
夢か‥夢はみたいですものね。
私も買えないけど‥夢見てますもの。

焼きもちやきの薪さんカワイイ(^^)
青木にはわざと?嫉妬させるくせにね(笑)
原作の青木も家族と言ってますものね。血より強い絆があるのです!


人妻にヤキモチ妬きました(笑)
確かに青木にはわざと嫉妬させて嫉妬心を煽ったりして(^_^;)
例え血が繋がって無くても深くて切れない絆が
青木と薪さんの間にはあると思います。
一生家族ですe-446e-415

それにしても‥あの続きを見たいですね‥(-_-;)
これも夢ですか?(笑)

2012/08/30 12:54 | URL | ruru #Xl5e9i5Y  edit

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://harunarushima.blog.fc2.com/tb.php/555-791907cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。