Admin * New entry * Up load * All archives 

 

Fleurage―たおやかな花たち―

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧

    

Posted on --:--:-- «edit»

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --

go page top

Posted on 00:00:10 «edit»

Category:空の名前

空の名前 番外編 

※創作です



「空の名前」の番外編ですが‥
Rですので苦手な方と18歳未満の方は
御遠慮下さいませ。

「空の名前」 番外編





「でも今日‥雨降るの分かってたでしょう‥?」
シャワーから出て、
まだ湿気が残っている髪を後ろに指で流しながら
僕の隣に座った。

「気象予報士でもないのに分かるわけない。
そんなに朝から悪い天気じゃなかったし‥」
「‥そうですか?」
僕の傍ににじり寄ってきて‥覗き込む青木。
「‥なんだ」
「オレは分かってましたよ、雨が降るって‥」
「どうして‥」
「夕べですね‥零時を回ってたかもしれませんが‥
その頃には確信してました。
今日は雨が降るって」
午前零時を回る頃‥
何してた‥‥ってベッドの中だった‥ベッドの中で‥
「なんでそんな時間に天気が分かるんだ!
その時間はベッドにいただろ、ふたりで!」
ニッコリ笑って‥
「だからです」
そう言った。
どういうことだ‥どうして‥
「あ、でも‥薪さん自身は分からないかも知れませんね、
自分の体を撫でまわさないでしょう?」
「当たり前だ!なんでそんな事‥」
‥まさか‥
「薪さんとセックスしてる時‥分かるんです。
薪さんの肌はいつも滑らかで、しっとりしてますけど
雨が降る前の日はいつにもまして‥吸いつくようにしっとりしてるんです。
これはもう自分の中で統計採ってますから間違いないです」
統計‥?
こいつはいったい‥
「まさか‥した日を付けてるわけじゃないだろうな‥携帯見せてみろっ!」
「‥ええっ?!付けてませんよ、それくらい覚えているし
付けてたらヘンでしょう‥まるっきりヘンタイじゃないですか!」
‥‥十分ヘンだと思う。
ヘンタイとまでは言いたくないが(自分のパートナーがヘンタイだと思いたくないし)
ますます拍車がかかってる‥
「‥お前は野生に近い。
ヘンタイじゃなかったらやっぱりケダモノだな」
手にしてた本を本棚にしまいながら振り向くことなく僕が言った、
「明日は‥晴れるのか?」
‥黙っている青木。
そして、
「そうですね、天気予報でも見ましょうか」 だと‥?!
‥‥‥‥‥バカか!
バン!と音をたててハードカバーをしまう僕の後ろに青木が‥?
「すみません‥冗談です。
明日雨かどうか‥調べてみてもいいですか‥?」
「‥いつ」
「今すぐ」
と、言った刹那‥僕はさっと抱きかかえられていた。
「青‥食事は‥」
そうだまだ夕食も‥
そんなことはお構いなしに寝室に入ると僕をベッドに降ろした。
「食事はいいです。
今からオレにとってなにより美味しい食事をいただくんですから」
「お前、その言い方‥完全にヘンタイだぞ!」
「言っときますが‥ヘンなのは薪さんに対してだけですからね」
バスローブをとっとと脱ぐと、
僕のパジャマのボタンを外して、上に覆いかぶさりながら
下も下着ごとあっという間に引き剥がして、ベッドの向こうに投げ落とした。

裸のまま重なった胸や腹部‥腕、脚‥
なんでこんなに落ち着くんだろう‥そんな暖かさだった。
そして、触れ合う性器の甘く痺れる感触‥
このままずっとこの腕の中にいたいと思うほどの心地よさ‥
やっぱり青木は僕の体と抱き合う為にこの世にいるんだと思う。

降ってきた唇に僕の下唇が甘く噛まれて、
しゃぶるように吸われて‥口腔を蹂躙する舌で
優しく嬲られ、触れられ‥もつれるように僕の舌と絡まった。
舌の根まで吸われて息もできないようなキスに
胸が激しく波打っていた。
「‥んっ‥はぁ‥」
やっと唇を解放してもらった僕は―
青木の腕から逃げ出して、青木に跨る形で上になる。
「‥薪さん‥?」
青木の耳元に唇を寄せ、
「暫くじっとしてろ‥」そう囁いて‥そのまま青木の耳介に舌を差し込んで
ぐるっと‥舐めた。
「ちょっ‥」
そして首すじから胸元まで指と舌を這わせて青木の肌を確かめる。
鎖骨の上を吸って‥赤い痣を付けて‥
青木の胸の筋肉の上にキスして硬く立ち上がった乳首を口に含んだ。
「‥薪さん‥ダメですって‥あなたにそんな事されたら‥」
唇は下腹部に降ろし右手でコリコリとした乳首を摘まんだり、撫でたりして遊んでると
僕の体に当たる青木の立ち上がったペニスに気付く。
体をずらして‥そこに僕の性器を触れ合わせた。
そして‥腕を青木の胸の下に突っ張って、下半身を上下させると
濡れた青木と僕のペニスが触れて‥ぬちゃぬちゃと濡れた音が聞こえてきた‥

ああ‥すごく‥いい。
自分が青木に快感を与えてる、ペニスを勃ち上がらせていると思うと、
たまらなくよくて。
いつも僕だけじゃなく、青木にも感じてほしいと思ってて‥
「‥‥青木‥」
「薪さん‥限界ですから‥降りて下さい、つっ‥」
僕の腰を捉まえようとした青木の手を押しのけて、
青木の上に、僕の、青木の体液でぬるぬるになった窄まりを押し当てると
ゆっくりと腰を落とした。
「あぁ‥これ‥好きだ‥いい‥」
もう‥青木どころじゃない、僕の方が限界で‥
半分くらい挿入したところで「はぁ‥」と、ひとつ息を吐いた。
「薪さ‥ヤバいです‥もう‥」
僕の腰を支える青木の手が汗ばんでくる、
青木の胸に置かれた手も汗で滑るし‥
頭の中で何かがスパークしそうな程膨らんできている気がした。

青木の上に‥ズッと最後まで押し込むと、入り口近くの前立腺に
青木の先端が触れて‥思わず僕はのけ反った‥。
「ああっ!‥あ‥んっ‥」
動けない‥
僕から溢れる体液が陰茎に滴り、青木と僕の結合部も濡れてきて
ふたりの体を伝って流れたそれは―
シーツにまで染みを作っていく。
「薪さん‥もうダメです‥動きます」
腰を支えていた腕に繋がったまま抱きしめられて
ベッドに押し倒される。
そして‥熱くて強くて‥激しいインサートに僕の体はガクガクと揺らされ
‥喘いでいた。
「ああ‥青木‥もっと‥」
大きく広げられた脚の内側に当たる青木の太股がたてる淫靡な濡れた音‥
 肩に抱えられた右足が青木が動くたびに揺れる様、
僕の中に深く挿れて‥引き出す時にクチャッと鳴る粘膜がきつく締まる感覚‥
そんな‥色んな感触が僕を絶頂に連れていくのか‥。
‥お前の穿つ熱さが‥太さが僕を犯していて‥
もっと、もっとほしい‥壊れるほど抱いて欲しい‥そう願っていても
たまらず僕は、
「あっ‥あっ‥はぁ‥青‥いく‥達かせて‥あぁっ」
そう口走っていた。
堰を切って溢れる精液の生温かさと、僕の奥に弾けた青木の精液の熱さ―
青木の肌が僕をまた情欲の中に放り込むんだ‥
後は‥もう青木の虜だ。
何度もいかされて‥啼かされて‥
何処までも堕ちていってしまう。

「青木‥」
僕の体は汗と精液にまみれて汚れているのに、
骨が軋むほど抱きしめる青木、
そして、
また、僕の腰を強く抱きよせて抽挿を始める青木にしがみつく僕の額に
愛おしげにくちづけて‥

「明日は‥曇りです」
僕だけの気象予報士は‥そう予報してくれた。







すみません‥

何を謝っているかというと‥
あまりに拙い文章で‥お目汚しをいたしましたことを
お詫びします。
Rという面ではとにかく薪さんが幸せであればいいと思って
いつも書いております。
恥ずかしさは‥ほぼ無いです(笑)
青木がまたヘンタイでごめんなさい‥
薪さんに対してだけですから、誤解なさいませんように〜♪

読んでいただき、ありがとうございました。

 11月11日鍵付き拍手コメ下さいました方へ

拍手とコメント、ありがとうございます<m(__)m>
きゃーーっ!
顔が‥顔が‥赤くなってしまいましたか‥?
すみません、恥ずかしい想いをおさせして‥(笑)
でもお褒めいただけてものすっごく嬉しいです。
それから‥こんな青木を好きだとおっしゃるのは、
あなた様だけでは‥(爆)
薪さんにだけヘンタイ行為‥薪さんも嫌だとおっしゃってますが
ほんとうは‥お好きなのかも知れません(^_^;)
だって、ラブラブですから〜♪v-344
鍵でも何でも構いません、ご遠慮なくまた来てくださいね。
ありがとうございました!

  by ruru

 11月11日鍵付き拍手コメ下さいましたS様へ

ありがとうございまーすっ!
御連絡も嬉しかったですっ!
お言葉に甘えてメールの方送らせていただきます(^_^;)
とりあえず御礼と思いまして‥
いつもありがとうございます、感謝しておりますv-436
後は‥メールをご覧くださいませv-398

  by ruru

 11月13日、鍵付き拍手コメ下さいました方へ

‥‥エロくてすみません‥‥(^^ゞ
お悦びいただいていいんですよ、
あなた様がおかしいと言う訳ではちっともないんですからv-415
私だって‥ヘンタイ仲間‥(笑)
続きものには必ずいっこはRを目指している私です。
なのでご迷惑おかけしまして‥すみません‥v-356
という割には‥喜んでいらっしゃいましたよね‥
ふ腐ふ腐ふ腐‥、好きなくせに〜v-344
後ほどメールでまたお邪魔いたしますので
逃げないでくださいね(笑)
拍手とコメ嬉しかったです、ありがとうございました<m(__)m>

  by ruru

 9月14日鍵拍手コメ下さいましたAさまへ

Aさま、こんにちは!
拍手とコメントありがとうございます~v-10

そんな天気予報の仕方があったとは・・(〃▽〃)
さすが、ケダモノ青木ですね(笑)した日を記録って、ほとんど毎日だし!


あはははははっv-402エロ予報ですね(笑)
ケダモノは薪さんの肌の状態でお天気が分るのです~
気象予報士になれますかね?
予報の仕方が公開できませんけど(^_^;)
ただのケダモノに薪さんを与えるのは勿体無いので
ケダモノを極めて貰わないとv-344

こちらの薪さんは一番エロイです(≧▽≦)
すごく積極的で楽しんでますよね。相手が青木だから薪さんも感じるんですよね(^^)


わーーー‥そっそれは‥喜んでいいのですよね?
薪さーーん!褒められましたよっv-354
光栄です!
好きな薪さんが好きです(笑)
どうせなら楽しんでもらいたいのです。
超絶色っぽい薪さんでいてほしくて。
ええ、ええ。青木だから‥感じます(^-^)
だから薪さんも積極的に上になってるのです~

青木も薪さんだからヘンタイに(笑)

そう信じております(笑)
そうじゃなかったら‥離婚される‥v-12

最高のカップルです。こちらの薪さんは青木の存在だけでなく、
青木としないと生きていけないかもしれませんね。
二人とも今迄、週末婚でよく耐えてましたね(笑)


エロさ、MAXですか?でももうちょっと‥上目指したいですね。
近頃書けなくて唸ってますけどエロだけなら書けるかも知れません。
でも物語が大事なんですよね。
最高のカップル‥e-349e-266
超嬉しいでしょう、青木は。薪さんも‥
私も書いた甲斐がありました!
できればまた‥御無沙汰なふたりを書きたいです。
勿論、エロを‥(笑)

ありがとうございましたe-446e-415

  by ruru

Comment-WRITES

go page top

 コメント 

11月11日鍵付き拍手コメ下さいました方へ

拍手とコメント、ありがとうございます<m(__)m>
きゃーーっ!
顔が‥顔が‥赤くなってしまいましたか‥?
すみません、恥ずかしい想いをおさせして‥(笑)
でもお褒めいただけてものすっごく嬉しいです。
それから‥こんな青木を好きだとおっしゃるのは、
あなた様だけでは‥(爆)
薪さんにだけヘンタイ行為‥薪さんも嫌だとおっしゃってますが
ほんとうは‥お好きなのかも知れません(^_^;)
だって、ラブラブですから〜♪v-344
鍵でも何でも構いません、ご遠慮なくまた来てくださいね。
ありがとうございました!

2010/11/11 20:51 | URL | ruru #Xl5e9i5Y  edit

11月11日鍵付き拍手コメ下さいましたS様へ

ありがとうございまーすっ!
御連絡も嬉しかったですっ!
お言葉に甘えてメールの方送らせていただきます(^_^;)
とりあえず御礼と思いまして‥
いつもありがとうございます、感謝しておりますv-436
後は‥メールをご覧くださいませv-398

2010/11/11 20:59 | URL | ruru #Xl5e9i5Y  edit

11月13日、鍵付き拍手コメ下さいました方へ

‥‥エロくてすみません‥‥(^^ゞ
お悦びいただいていいんですよ、
あなた様がおかしいと言う訳ではちっともないんですからv-415
私だって‥ヘンタイ仲間‥(笑)
続きものには必ずいっこはRを目指している私です。
なのでご迷惑おかけしまして‥すみません‥v-356
という割には‥喜んでいらっしゃいましたよね‥
ふ腐ふ腐ふ腐‥、好きなくせに〜v-344
後ほどメールでまたお邪魔いたしますので
逃げないでくださいね(笑)
拍手とコメ嬉しかったです、ありがとうございました<m(__)m>

2010/11/13 13:16 | URL | ruru #Xl5e9i5Y  edit

9月14日鍵拍手コメ下さいましたAさまへ

Aさま、こんにちは!
拍手とコメントありがとうございます~v-10

そんな天気予報の仕方があったとは・・(〃▽〃)
さすが、ケダモノ青木ですね(笑)した日を記録って、ほとんど毎日だし!


あはははははっv-402エロ予報ですね(笑)
ケダモノは薪さんの肌の状態でお天気が分るのです~
気象予報士になれますかね?
予報の仕方が公開できませんけど(^_^;)
ただのケダモノに薪さんを与えるのは勿体無いので
ケダモノを極めて貰わないとv-344

こちらの薪さんは一番エロイです(≧▽≦)
すごく積極的で楽しんでますよね。相手が青木だから薪さんも感じるんですよね(^^)


わーーー‥そっそれは‥喜んでいいのですよね?
薪さーーん!褒められましたよっv-354
光栄です!
好きな薪さんが好きです(笑)
どうせなら楽しんでもらいたいのです。
超絶色っぽい薪さんでいてほしくて。
ええ、ええ。青木だから‥感じます(^-^)
だから薪さんも積極的に上になってるのです~

青木も薪さんだからヘンタイに(笑)

そう信じております(笑)
そうじゃなかったら‥離婚される‥v-12

最高のカップルです。こちらの薪さんは青木の存在だけでなく、
青木としないと生きていけないかもしれませんね。
二人とも今迄、週末婚でよく耐えてましたね(笑)


エロさ、MAXですか?でももうちょっと‥上目指したいですね。
近頃書けなくて唸ってますけどエロだけなら書けるかも知れません。
でも物語が大事なんですよね。
最高のカップル‥e-349e-266
超嬉しいでしょう、青木は。薪さんも‥
私も書いた甲斐がありました!
できればまた‥御無沙汰なふたりを書きたいです。
勿論、エロを‥(笑)

ありがとうございましたe-446e-415

2012/09/14 23:24 | URL | ruru #Xl5e9i5Y  edit

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://harunarushima.blog.fc2.com/tb.php/569-b4e447d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。