Admin * New entry * Up load * All archives 

 

Fleurage―たおやかな花たち―

06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
このページの記事一覧

    

Posted on --:--:-- «edit»

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --

go page top

Posted on 19:17:30 «edit»

Category:12月はいつもブルー

12月はいつもブルー 4 

※創作です



デートがこの寒いのに長くなってすみません。
まだ続いております。
今回で終わりではありませんし‥(^_^;)
時間がおありでしたらどうぞ寄って下さいませ。

ちょっと短めです。
「12月はいつもブルー」 4





丸の内仲通りの奥まった一角に大きな樅の木がツリーとして
美しく飾られていた。 
シャンパンゴールド‥ブルー、赤‥黄色‥
マルチカラーのイルミネーションに誘われて、思わず立ち止まる。

青木の腕を掴み、引っ張る様にして傍まで行くと、
ツリーの下に幾つかあるベンチの一つに一緒に座った。
青木はどこか別の場所へ‥‥‥行きたかったらしいが
僕に連れられて仕方なく。

見上げるツリーの上にすでに月はなく、
眩しいほどのツリーの光に、
冬の一等星の輝きも微かに確認できるだけだ。
「ここじゃシリウスもかすむ」
「そうですね。
勿論、空の星が一番輝くんでしょうが‥
年に一度くらいはこういうのを見るのもいいんじゃないですか?
ひとりじゃつまんないけど‥一緒だとなんでもいいです。
その辺の外灯だってキレイに映る‥」
「去年は出掛けたか?」
「いいえ。バカみたいに忙しくて‥薪さんは文句言ってましたよ、
だから12月は嫌なんだ、って。
今年もやっぱり嫌ですか‥?」
「去年も‥出掛ければよかったんだ。
どんなに忙しくてもそういうのを大切にしないと‥
ダメな気がする」
「で、今年は‥?」
「‥‥そこそこ‥だ」
しつこい青木に仕方なくそう言った。
「オレは出掛けなくても一緒にいられれば幸せです。
イルミネーションよりなにより薪さんの方がキレイですから」
‥‥何を歯の浮くことを‥
「恥ずかしくないか‥?そんな事言って」
「全然恥ずかしくないです。
事実を言ってるだけですから」
夜でよかった。
絶対、顔が赤くなってる‥。
「薪さん‥顔が赤いですよ」
‥‥お前のせいだろっ!

時折立ち止まって写真を撮ったり、眺めたりする人も
長居することなく通りすぎていく。
そんな様子を眺めながら僕らはそこにいた。
手を繋いだまま黙って寄り添っているだけで
嬉しかった。
触れている肩から‥腕から‥想いが流れ込んでくる 。
ふいに繋がれていた指が解かれて‥青木が僕の肩を抱き、
僕はすっぽりと青木の胸元に入りこんでしまう。
その、温かい胸に頬を寄せて青木の鼓動を聞いていた。
僕らの姿は、多分普通の恋人同士のように映るんだろう、
誰も気にして見る様子も無い。
ごく普通の‥日常の光景だったら‥いい。
僕らだけこの当たり前の光景から弾かれたくない‥
奇異に映ることが辛いとか、嫌だとか‥マイナスな思いはないはずだった。
だけどそれは‥真実とは違う。
青木が好きで‥誰よりも愛していて‥大切な存在だけれど
やはり心は‥痛んでいた。
苦しんでいる‥今も。
けれど―
痛みを、苦しみを一生背負っていく覚悟と引き換えにしても
後悔しないほどの溢れる想いがある、
その覚悟より重く深い絆と愛情がお互いの中にある。
そしてなによりも、ただ純粋に離れたくないと願う‥
それが真実。
それを胸の奥に強く抱きしめているから僕らは
共に生きるという道を選んだんだ。

「薪さん‥」
青木の声が胸に耳を当てていた僕に届く。
「クリスマスプレゼントですけど‥前倒しでもらえませんか」
「‥‥」
ひとがせっかく幸せに浸っているのに‥
嫌いな12月を好きになるかもしれないって思ってたのに‥こいつは‥。
ギュッと胸元を掴んだまま、見上げる青木の顔、
視界に影がよぎって、瞬きをした僕の瞼の上に
青木の唇が優しく降ってきた。
‥怒りたくても怒れない‥
「今夜は帰るつもりだったけど‥お前が言ったように僕が仕掛けたんだから
その気にさせた責任は取る‥好きにしろ」
「それだけですか?
オレの気持だけですか?
薪さんは今夜オレと一緒にいたくないんですか?」
いたくなかったら‥仕掛ける訳ないだろ。
どうして分からないんだ、というより‥
僕の口から言わせようとするんだ。
「言いたくない」
「言って下さい」
息がかかるほど顔を近づけて囁く青木‥。
‥ドキドキする。
今更僕は何を言っているのか‥だけど‥内耳まで響くほどの
自分の心音が語っているじゃないか、
好きでしょうがない、どうしようもなく好きだと。
「‥愛してるって‥言って下さい」
優しく、慈しむように‥壊れ物でも扱うように
僕の頬を両手で包む青木‥その虹彩に映っているのは僕だけだ。
「言ったら‥何をくれる‥?」
クスっと困った様に笑って、
「これ以上あなたにあげるものが残ってましたか?
もう全部渡したはずですけど」
そう言った。
確かにそうだ‥青木の人生ごと僕はもらったんだ。
だったらしょうがないな。
「愛してる‥お前の嫌ところも良いところも‥すべてひっくるめて愛してる」
青木は、黙って僕を強く抱きしめ‥耳元で囁く。
「‥ホテルに泊っていいですか」
「最初から決めてたくせに」
事実、青木はとっくに予約を入れていた。
「バレてましたか‥」

僕は‥お前のことなら何でも分かるんだ。
なんでかって‥
いつも言ってるだろ、僕の方が何倍もお前を愛してるって。




続く



イブなのに終わらない‥(笑)
寒いのにいつまで外でベタベタしてるのでしょうか(^_^;)
雪が降ってきちゃいますよ。

 12月24日、鍵付き拍手コメ下さいましたS様へ

いつもありがとうございますっ!!
クリスマスイブのプレゼントのようなコメでした‥v-352v-25v-352
お言葉に甘えてメールにてお返事差し上げますv-344

  by ruru

 10月3日鍵拍手コメ下さいましたAさまへ

Aさま、こんにちは!
拍手とコメントありがとうございます~
バタバタしてまして‥今日も検査で病院で
お返事が遅くなってスミマセン(>_<)

クリスマスのイルミネーションとか確かに一人で見てもつまらないかも。
花火もそうですが、一緒に眺める人がいることに幸せを感じる(^^)


ひとりにはひとりの良さがあるのでしょうが
好きなひとと一緒だとまた違うのでしょうね。
私には全然分かりません(笑)
ひとりものですから‥(^_^;)子供がうるさいいだけで‥

薪さんも本来興味ないかもしれませんね。青木といるから楽しい。
薪さんは原作でも青木が結婚しないことは不幸に思えて・・
だから、雪子さんと結婚しろと言ったのでしょう。


何かに感動したり感情移入できる青木、そこが薪さんも持ち得ない
ものなのでしょうね。
ひとの幸せなんてそれぞれですから結婚だけが幸せじゃないと
薪さんは思えなかったのかな?
そう言う意味では古風というか、頭が固いです(笑)
やっぱ、アラフォーですね。
青木は実は拘らないタイプかも知れませんね。
家族って‥やっぱり肉体関係を結んではダメなのでしょうか?(笑)


でも、青木が舞ちゃんと幸せそうに笑っていてホッとしたでしょう。

その写真を見て泣いちゃう薪さんですから。
責任とか、贖罪とか‥そんな想いがあったから幸せになってほしかったのですね。
でも親とか兄弟とか嫁がいなくたって幸せですよ。
薪さんと家族になれるなんて、お金払ってでもお願いしたいです(笑)

そして、薪さんと家族になりたいと手紙が届く。
それが青木の願いで幸せだと言われれば薪さんも受け入れるでしょう。
青木の幸せが薪さんの願いなら・・


青木の幸せが薪さんの幸せなら青木の申し出を断れませんよね。
それで青木が幸せなんですから。
でも‥やっぱり秘密の関係でしょうか?
また秘密は出来てしまうってラストにあの封筒ですものね。
ということは‥青木との関係も‥秘密の関係になるのでしょうね。
どんな関係になったのか知りたいです~v-398

ありがとうございましたe-68e-418

  by ruru

Comment-WRITES

go page top

 コメント 

12月24日、鍵付き拍手コメ下さいましたS様へ

いつもありがとうございますっ!!
クリスマスイブのプレゼントのようなコメでした‥v-352v-25v-352
お言葉に甘えてメールにてお返事差し上げますv-344

2010/12/25 21:08 | URL | ruru #Xl5e9i5Y  edit

10月3日鍵拍手コメ下さいましたAさまへ

Aさま、こんにちは!
拍手とコメントありがとうございます~
バタバタしてまして‥今日も検査で病院で
お返事が遅くなってスミマセン(>_<)

クリスマスのイルミネーションとか確かに一人で見てもつまらないかも。
花火もそうですが、一緒に眺める人がいることに幸せを感じる(^^)


ひとりにはひとりの良さがあるのでしょうが
好きなひとと一緒だとまた違うのでしょうね。
私には全然分かりません(笑)
ひとりものですから‥(^_^;)子供がうるさいいだけで‥

薪さんも本来興味ないかもしれませんね。青木といるから楽しい。
薪さんは原作でも青木が結婚しないことは不幸に思えて・・
だから、雪子さんと結婚しろと言ったのでしょう。


何かに感動したり感情移入できる青木、そこが薪さんも持ち得ない
ものなのでしょうね。
ひとの幸せなんてそれぞれですから結婚だけが幸せじゃないと
薪さんは思えなかったのかな?
そう言う意味では古風というか、頭が固いです(笑)
やっぱ、アラフォーですね。
青木は実は拘らないタイプかも知れませんね。
家族って‥やっぱり肉体関係を結んではダメなのでしょうか?(笑)


でも、青木が舞ちゃんと幸せそうに笑っていてホッとしたでしょう。

その写真を見て泣いちゃう薪さんですから。
責任とか、贖罪とか‥そんな想いがあったから幸せになってほしかったのですね。
でも親とか兄弟とか嫁がいなくたって幸せですよ。
薪さんと家族になれるなんて、お金払ってでもお願いしたいです(笑)

そして、薪さんと家族になりたいと手紙が届く。
それが青木の願いで幸せだと言われれば薪さんも受け入れるでしょう。
青木の幸せが薪さんの願いなら・・


青木の幸せが薪さんの幸せなら青木の申し出を断れませんよね。
それで青木が幸せなんですから。
でも‥やっぱり秘密の関係でしょうか?
また秘密は出来てしまうってラストにあの封筒ですものね。
ということは‥青木との関係も‥秘密の関係になるのでしょうね。
どんな関係になったのか知りたいです~v-398

ありがとうございましたe-68e-418

2012/10/04 18:03 | URL | ruru #Xl5e9i5Y  edit

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://harunarushima.blog.fc2.com/tb.php/606-5c14e34a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。