Admin * New entry * Up load * All archives 

 

Fleurage―たおやかな花たち―

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧

    

Posted on --:--:-- «edit»

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --

go page top

Posted on 16:02:59 «edit»

Category:進化のプロトコル

進化のプロトコル 1 

※創作です


あおまきお引っ越し編です。

大晦日に続きものを書きはじめるとは‥
バカじゃないでしょうか。
この慌ただしい年の暮れに
下らないモノを読むほどお暇な方はいらっしゃらないと思います。
時間がある方のみ、よろしかったら暇つぶしにでも‥
「進化のプロトコル」 1 第4楽章




「キャンセルだ。
そんなもの‥キャンセルに決まってるだろ」
室長室に、トーンを落としながらも響く薪さんの怒りに満ちた声。

「N響ですよ!?
プラチナチケットなのに‥」
「プラチナだろうが、ゴールドだろうが関係無い。
考えれば分かるだろ、絶対に行けるか!
‥お前のバカさ加減には愛想が尽きた、そんなに行きたきゃ
ひとりで行けばいい」
そう言うと‥ドカッと椅子に腰かけて再びモニターに視線を戻した。

そう、去年と同じで死ぬほど忙しかった。
その中で引っ越しが明日‥コンサートは明日18時開演。
無理だ。
物理的に無理だった。
N響の‥ベートーベン、交響曲第9番二短調、合唱つき。
暮になると街はそのメロディーで溢れかえる。
‥ああ‥第4楽章‥一度聴きたかった‥

明日の引っ越しは‥業者任せだったけれど
一応搬入時には立ち会わなければならないし‥ まいった。
何に一番まいっているかと言うと‥
薪さんの機嫌の悪さだったりする。

機嫌の悪い理由‥その1、
この何日かでバタバタと数件たて続けに依頼された事案の処理が
手間取ったこと。
その2、
オレが‥暫く今のマンションを引き払うことなく住所も変更しないことに
なったのが納得いかないということ。
それが主だと思う。

これは‥いつかバレてしまうことだとしても時期をずらしたいという
オレの申し出を渋々薪さんがOKを出したのだけれども、
急に言いだしたオレに対して苛立っている。
多分‥自分の立場をオレが慮って言いだしたことだと感じているから‥
尚更苛立つのだろう。

出払って誰もいないモニタールームでオレは‥
途方に暮れて室長室の方向を見つめていた。


そのプラチナチケットを手に入れたのは先週のことだった。
自宅を購入した不動産会社のクリスマスプレゼントで、
このチケットか、ドン・ペリのピンクを選んでくれとオレの携帯に
メールがあったんで一応薪さんにも尋ねたが‥
「そんな事はお前が対応しろ」と、一言。
コンサートの日は引っ越しの日だし‥無理だろう。
それでドン・ペリにしたんだけど‥
わざわざそこの営業部長がやってきて部外者も使用できるカフェで会った。
その席に‥第3の山村技官もいて。
薪さんが言うところの、美人だが結構年はイッテる臨床検査技師の技官は
その不動産会社をオレに紹介してくれた人で勿論、既婚者だ。
彼女もそこで家を買った。
それでクリスマスプレゼントとやらを彼女とオレに渡そうと
営業部長が持ってきた。
で、そこで問題が発生
「せっかくチケットいただいて出掛けようと思ったんですけど、
その日は都合が悪くなってしまって‥」
‥困った。
彼女がオレにその会社を紹介してくれたんだ、
仕方ない‥
「あの‥よかったらこっちと交換しましょうか‥?」

つい、そう言ってしまったオレに‥
薪さんは怒っている。
別にシャンパンは欲しくない。
コンサートだってオレも薪さんも特別興味があった訳じゃない。
 (あの有名な第4楽章は‥聴いてみたかったかな‥)
チケットを貰ったって行かなければいいんだけれど‥つい‥

「これ行ってみたいですね」
そう言ってしまったから、大変だ。
「その日は無理だって分かっていて彼女と交換したんだろ?
何子供みたいなことを言ってるんだ!」

段ボールが積み重なったオレの部屋で薪さんに一喝された。
しかし薪さんの言葉に微かに漂うきな臭い匂い。
「お前は優しいからな」
「‥どういう意味ですか」
「 そのままの意味だ」
「‥‥」
彼女の事で薪さんに一度ラウンジで思い切り平手をくらわされた事がある。
薪さんはそのことを‥まだ‥ ?
‥まさかな‥

その日午前中は自分の部屋の引っ越しの立ち合いをして
一旦第九に戻り‥
今度は薪さんのマンションに行って業者に同行し
終わった後、再び第九に薪さんを迎えに戻る‥
というタイトなスケジュールだった。
第九の捜査員が第九を聞く‥なんてややこしい事をやっている 暇はなかった。

新居は‥自分のマンションから車で2、30分くらいの場所だ。
閑静な住宅街を登って行くと高台になっていて、
その一番奥の一画、
平屋のシンプルな外観を持つ一戸建てで
その佇まいは‥まるで浜辺の緑の中に
一輪だけ咲いた白いハマナスのようだと思う。
‥だからオレは‥薪さんに似合うと思って、内覧した日
最後の切り札にここを隠していたんだ。

和室が一室と20畳のリビングとサンルーム。
そして主寝室とフローリングの洋間が3室ある。
この十分な広さで高台にある為採光も素晴らしい上に
広いウッドデッキから海と臨海公園の観覧車が眺められる。
だけど、
何より薪さんが気にいったのはリビングと主寝室の高い天井に
取りつけられた直径60センチはある丸い天窓だ。
何度か細かいものを運ぶ折り訪れた時
そこにいる間ずっと膝を抱えて座り込んで天窓から空を見ていたくらいで。
オレがみつけた物件をそれほど気に入って貰えて‥嬉しかった。

旧宅にあるものはほとんど始末し、
新しく買いそろえた家具や電化製品はすでに搬入されていたので
薪さんもオレも大きな荷物は無いから楽と言えば楽なんだけど
薪さんは本が‥‥かなり‥いや、超絶と言うくらい多い。
段ボールがいったいいくつあるのか‥というくらい多い。
5000冊は軽く超えてるってことは分かるが
実際の数は‥‥。
法や警察機構に関連する本は一切持っていない。
そういうのは完璧に脳に収納されていて、欲しい情報は
腕組みして目を閉じ‥
ものの数秒でその情報を引き出してしまうんだ。
だから必要ないらしい。
あるのは自身の専門ではない医学に関するもの、
薬学、薬物便覧‥とか、
タイトルでいうと、天皇家系譜総覧、日本神道総覧‥死の国熊野、
60年安保闘争‥ハプスブルグ家の秘密、グリム童話メルヘンの深層‥
漢字の常識非常識‥日本語を磨く大辞典、等々。
あと、小説の文庫本、 そして、ハードカバー‥料理本、
写真集も多くて、主に 野生動物や自然関するものばかり‥
岩合光昭氏の白クマの写真集なんて大のお気に入りでしょっちゅう
引っ張り出して眺めている。
とにかく、箱に詰められていたものをざっと見ても多岐に渡るもので
分類はしづらい。
これは薪さんが自分で整理するらしい。
多分‥書斎のソファに座って‥
「青木、そこじゃない。
それは左の奥だ」
と指示するだけだと、予測はしているが。

搬入を終えても業者任せのプランを選んだから
荷ほどきやか片付けが終わるまでそこを動けなかったオレは
その日は朝の予定は変更され、本庁にいた薪さんを迎えに行く為、
慌てまくって車を走らせていた。 
この間のこともある。1分でも待たせたら‥大変だ‥
イライラしているに違いない。
 
案の定‥警視庁の正面玄関の警備の警察官の横で
憮然としている黒いカシミアのコート姿の薪さんを見つけた。
寒風吹きすさぶ桜田通りの角っこで‥睨んでいた。
ヤバい‥。
車を止めると外に出で‥助手席と後部座席の両方のドアを開けて待つ。
どっちのドアから乗り込むかで‥その夜のオレの命運は決まると
言っていい。
オレの方には一瞥もくれず‥薪さんが乗り込んだのは‥
助手席。
天に感謝するしかないと、
心の中で手を合わせたといってもいいくらいの幸運だ。
‥決して大袈裟じゃない。

「青木、内堀通から青山通りに入れ」
「‥はい。どこへ‥」
「それから、表参道から井の頭通り」
黙って運転だけしてろ、と言うように優秀なナビはそう指示する。
「‥‥」
時刻は午後6時を回っていた。
表参道のイルミネーションは新年1月1日の午前零時まで点灯される為
その煌めきが車内に反射し、
薄暗闇に浮かび上がる薪さんの、端正な白い横顔を彩って‥
固まった様に、信号待ちで見とれてしまうオレ‥
「‥青だぞ」
‥‥相変わらずニコリともしない。
それにしてもいったい何処へ‥

代々木公園沿いの井の頭通のほぼ中央を貫く公園通りの入り口で
やっと‥鈍いオレも薪さんの意図が分かった。
「NHKホールですか‥でももう‥」
「第4楽章に入ると‥ホールの出入り口上の
オーロラビジョン にコンサートがライブで映し出される」
なんでそんな事を知っているんだ、薪さんは。
じっと前を向いたまま表情を変えることなくそう言った。
「‥国立音大の合唱だ」
交響曲第9番二短調
‥第4楽章。
欅の並んだ通りの路肩で、
車から降りることなく聴く、その天使と神の‥唱。

「ドイツ語が分かるのか‥?」
「いえ、あまり‥」

「僕が詞を教えてやる」
そう言って薪さんは、流れてくる合唱に少し遅れ、
小さな声で詞を諳んじ始めた。

「‥‥歓びよ 煌めく美しき神々、楽園より来た乙女よ
我ら炎の如く酔いしれて、ともに天上の神の神殿に赴かん
この世で厳しく分け隔てられた者も、神の力によりふたたび結びつけられ、
優しき翼の憩うところ、すべての者は兄弟となる‥」

小さな‥艶やかでふっくらとした唇を薄く開き、
天使の如き姿で、天使のように澄んだ声で‥囁くひと‥。

オレは、何よりも美しく崇高な第4楽章を真横で聴いていた。

「この世のすべての者は、自然の懐で歓びを受ける。
すべて善なるものも、悪なるものも、素晴らしき薔薇の道を歩むのだ。
自然は、我らに等しくくちづけし、葡萄酒と、死の試練を越えた友を与える。
そして小さな虫にさえ歓びが与えられ、神の前には天使が現れる
太陽が壮大な空の軌道を駆けるがごとく‥‥
違うな。悪なるものは素晴らしき薔薇の道なんて歩けない。
罪を償わない限り」
薪さんらしい解釈のついた歓喜の歌だ。
そのピンクの花びらのような唇から零れ落ちる珠玉の言葉を
夜通し聞いていたいと‥そう思う。

この大都会の真ん中、森閑と佇む暗い神宮の森を背に
そこは‥
1918年緑なす阿波の国‥ドイツ兵捕虜たちが集い
古びたオルガンの演奏で初めて日本で合唱された、第4楽章の
花のような清らかさにも似た空間が広がっているようにオレには思えて仕方がなかった。

「地に跪いたか 創造主なる神を予感するか
世界よ 星のきらめく天に創造主を求めよ
そこに必ず創造主は存在するのだから、か。
‥どうなんだろうな‥僕は‥ダーウィンの進化論が好きだ」
そこもまた‥薪さんらしい。

創造主‥つまり神ではなく‥激しい反発や批判をくらったダーウィンを好きだと言う、
‥第4楽章を美しく諳んじながらも。






続く




お引っ越しエピソード 1 ですが‥
うううう‥大晦日に何やっているのでしょう。
すみません‥
次回がすぐUP出来るか‥それは‥分かりません(^_^;)

お家を購入するエピソードは「海と風と空の部屋」で書きました。
ラウンジで平手打ちは「遺書」です。

第4楽章の歓喜の歌は途中すっ飛ばしてます。
それに解釈や日本語訳は他にもあります。
ここに一番合っている詞を書きました。

 管理人のみ閲覧できます

  by -

 管理人のみ閲覧できます

  by -

 12月31日、鍵付きコメ下さいましたS様へ

S様、ありがとうございます!!
おめでとうメール‥すみません‥
> どうしてこんなに詩的で心動かされるんだろう。
> ruru様、ステキ‥薪さんのくちびるが詩を読むのね、青木の為だけに?
> なんか悔しい‥(笑)
S様は青木に厳しいので‥(笑)
でも薪さんが幸せならS様も幸せですよね〜v-411
だから青木のことも認めて下さい、お父さん!v-435
> 年末に第九なんて最高ですね!
> 第九の捜査員が第九を聞く‥笑いました(^_^;)
> 確かにややこしい。
ぎゃーーーっっっどさくさにまぎれてUPしてしまいました。
詞に関しては‥色々解釈も違ってて‥
ドイツ語は‥グーテンモルゲンとか‥ビッテとかナインとか‥それくらいしか知りません。
あと、挨拶程度‥
‥‥すみません‥こんなです。
第九の捜査員が第九を聴きに行く‥ひとりでうけて笑っていたんですよ(笑)
S様のおっしゃる通り、あまり色々気にせず、落ちず
頑張りたいですv-344
改めてメールでご挨拶差し上げましたので
読んでいただければ幸せです。
今年もよろしくお願いいたします<m(__)m>

  by ruru

 12月31日、鍵付きコメ下さいましたA様へ

A様、コメントありがとうございます!
> 素敵なお話ですねー。
> 青木にとっては誰よりも美しい天使の薪さんがこうして自分のために歌ってくれて、しかもその歌声は自分だけが聞けて、天使の囁きにも等しい尊く美しい歌声で…。
> うっ、うらやましいーっ。
薪さんの美しく澄んだ声で詞を読んでいただく‥こんな幸せ、
味わいたいです〜♪
薪さんのイメージは私の中では大天使ミカエル様ですから。
天使のお顔で天使の声で‥諳んじてくださったら‥もうどうなってもいいです(笑)
素敵だなんて‥ひゃ〜ありがとうございますv-344
> お酒で乾杯のプレゼントもよいですが、結果的には年末にこんな素敵なデートをできて、青木にとっては良かったですねo(^-^)o。
> 何だかんだといっても、結局二人でこんなふうに過ごせれば、幸せですよね。
薪さんは怒ってまして‥色々積み重なって‥デートというより
青木の為に少しだけ譲歩した優しい薪さんがいた‥と言うことでしょうか。
それでも‥ふたりにとっては‥幸せですよね。
これからちょっと‥色々あるので(笑)
> 原作のハードな展開にかなりへたれていた時期もあったのですが、こちらのruru様のお話を読むといつも癒されて、暖かい気持ちになりました。
> 新しい年も素敵なお話を楽しみにしております。
> よいお年をー。
原作は泣けました。
次の日に瞼がまだ腫れてると言うヘタレぶり‥(^_^;)
まあ!
A様‥そんな温かいお言葉をお聞きしたら‥
飛びあがって悦んでしまって床が抜けてしまいます(笑)
いえ、笑い事では無かったりして。
いえいえいえいえ‥素敵なことは‥全然‥
恥ずかしいものしか書けなくて‥
それでもコメントいただきまして昨年はありがとうございました。
原作が辛かったので、ほんとうに励まされました。
今年もよろしくお願いいたします<m(__)m>

  by ruru

 10月6日鍵拍手コメ下さいましたAさまへ

Aさま、こんにちは!
いつも拍手とコメントありがとうございます~

まあ、入院されるのですか!それは大変(@@)
お子さん達はお母様がみてくれるのでしょうか。早く退院できるとよいですね。
入院中はコメは控えますね。


大したことはなくて‥石でほっとしました。
でも1泊2日で済めば‥どうということはないです。
ご心配お掛けして申し訳ございません!
17日に1泊の予定で入院します、お気づかいありがとうございます。
末っ子、8歳の出産以来の入院なのでドキドキです。
衝撃波が結構痛いらしくて‥
でも出産経験のある女性はある程度の痛みは大丈夫らしいです。

薪さんも本当はコンサート行きたかったのですよね。
山村技官が絡んでなければそんなに機嫌損ねなかったでしょう(笑)


実は‥行きたかったけど‥素直ではありませんでした。
ヤキモチ妬きですからね(笑)
美熟女が気に入らなかったのです(^_^;)
怖い、怖い‥

本は引越しとかでまた並べるの大変ですね。
私も震災で倒れた本棚の中身が適当に入れられたままです(^^;)


引っ越すたびに本が増えて行って‥もうダメです(笑)
本は以前500冊くらい小分けにして古本屋に売って
後悔したので、なかなか処分できなくなりました。
でも処分しないと‥困るし‥
震災ではものが落ちることはなかったので、
ほんとうにそちらの揺れは大きかったのですね。

青木は薪さんが美しく諳んじる詞を聴くことが出来てかえってよかったですよね(>▽<)
素晴らしい特権です!
たとえ、全てを捨てたとしても有り余る幸せが青木にはありますよね(´▽`)


薪さんが第九を諳んじる‥第九の室長が第九を‥(笑)
歌っている訳ではなく朗読している設定なのですが
解釈が色々あって‥それらを組み合わせ、薪さんに読んでもらいました。
どう組合わせるのか苦労したのを思い出しました。
耳元で聴きたいっっ
青木はムカつきます(笑)

もう10月‥あっという間に12月なんて来ますよね。
年取ってから1年経つのが早くて‥辛いですv-12

ふふふ‥ありがとうございました~e-446e-266

  by ruru

Comment-WRITES

go page top

 コメント 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/12/31 19:17 |  |  #  edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/12/31 21:04 |  |  #  edit

12月31日、鍵付きコメ下さいましたS様へ

S様、ありがとうございます!!
おめでとうメール‥すみません‥
> どうしてこんなに詩的で心動かされるんだろう。
> ruru様、ステキ‥薪さんのくちびるが詩を読むのね、青木の為だけに?
> なんか悔しい‥(笑)
S様は青木に厳しいので‥(笑)
でも薪さんが幸せならS様も幸せですよね〜v-411
だから青木のことも認めて下さい、お父さん!v-435
> 年末に第九なんて最高ですね!
> 第九の捜査員が第九を聞く‥笑いました(^_^;)
> 確かにややこしい。
ぎゃーーーっっっどさくさにまぎれてUPしてしまいました。
詞に関しては‥色々解釈も違ってて‥
ドイツ語は‥グーテンモルゲンとか‥ビッテとかナインとか‥それくらいしか知りません。
あと、挨拶程度‥
‥‥すみません‥こんなです。
第九の捜査員が第九を聴きに行く‥ひとりでうけて笑っていたんですよ(笑)
S様のおっしゃる通り、あまり色々気にせず、落ちず
頑張りたいですv-344
改めてメールでご挨拶差し上げましたので
読んでいただければ幸せです。
今年もよろしくお願いいたします<m(__)m>

2011/01/01 15:29 | URL | ruru #Xl5e9i5Y  edit

12月31日、鍵付きコメ下さいましたA様へ

A様、コメントありがとうございます!
> 素敵なお話ですねー。
> 青木にとっては誰よりも美しい天使の薪さんがこうして自分のために歌ってくれて、しかもその歌声は自分だけが聞けて、天使の囁きにも等しい尊く美しい歌声で…。
> うっ、うらやましいーっ。
薪さんの美しく澄んだ声で詞を読んでいただく‥こんな幸せ、
味わいたいです〜♪
薪さんのイメージは私の中では大天使ミカエル様ですから。
天使のお顔で天使の声で‥諳んじてくださったら‥もうどうなってもいいです(笑)
素敵だなんて‥ひゃ〜ありがとうございますv-344
> お酒で乾杯のプレゼントもよいですが、結果的には年末にこんな素敵なデートをできて、青木にとっては良かったですねo(^-^)o。
> 何だかんだといっても、結局二人でこんなふうに過ごせれば、幸せですよね。
薪さんは怒ってまして‥色々積み重なって‥デートというより
青木の為に少しだけ譲歩した優しい薪さんがいた‥と言うことでしょうか。
それでも‥ふたりにとっては‥幸せですよね。
これからちょっと‥色々あるので(笑)
> 原作のハードな展開にかなりへたれていた時期もあったのですが、こちらのruru様のお話を読むといつも癒されて、暖かい気持ちになりました。
> 新しい年も素敵なお話を楽しみにしております。
> よいお年をー。
原作は泣けました。
次の日に瞼がまだ腫れてると言うヘタレぶり‥(^_^;)
まあ!
A様‥そんな温かいお言葉をお聞きしたら‥
飛びあがって悦んでしまって床が抜けてしまいます(笑)
いえ、笑い事では無かったりして。
いえいえいえいえ‥素敵なことは‥全然‥
恥ずかしいものしか書けなくて‥
それでもコメントいただきまして昨年はありがとうございました。
原作が辛かったので、ほんとうに励まされました。
今年もよろしくお願いいたします<m(__)m>

2011/01/01 15:44 | URL | ruru #Xl5e9i5Y  edit

10月6日鍵拍手コメ下さいましたAさまへ

Aさま、こんにちは!
いつも拍手とコメントありがとうございます~

まあ、入院されるのですか!それは大変(@@)
お子さん達はお母様がみてくれるのでしょうか。早く退院できるとよいですね。
入院中はコメは控えますね。


大したことはなくて‥石でほっとしました。
でも1泊2日で済めば‥どうということはないです。
ご心配お掛けして申し訳ございません!
17日に1泊の予定で入院します、お気づかいありがとうございます。
末っ子、8歳の出産以来の入院なのでドキドキです。
衝撃波が結構痛いらしくて‥
でも出産経験のある女性はある程度の痛みは大丈夫らしいです。

薪さんも本当はコンサート行きたかったのですよね。
山村技官が絡んでなければそんなに機嫌損ねなかったでしょう(笑)


実は‥行きたかったけど‥素直ではありませんでした。
ヤキモチ妬きですからね(笑)
美熟女が気に入らなかったのです(^_^;)
怖い、怖い‥

本は引越しとかでまた並べるの大変ですね。
私も震災で倒れた本棚の中身が適当に入れられたままです(^^;)


引っ越すたびに本が増えて行って‥もうダメです(笑)
本は以前500冊くらい小分けにして古本屋に売って
後悔したので、なかなか処分できなくなりました。
でも処分しないと‥困るし‥
震災ではものが落ちることはなかったので、
ほんとうにそちらの揺れは大きかったのですね。

青木は薪さんが美しく諳んじる詞を聴くことが出来てかえってよかったですよね(>▽<)
素晴らしい特権です!
たとえ、全てを捨てたとしても有り余る幸せが青木にはありますよね(´▽`)


薪さんが第九を諳んじる‥第九の室長が第九を‥(笑)
歌っている訳ではなく朗読している設定なのですが
解釈が色々あって‥それらを組み合わせ、薪さんに読んでもらいました。
どう組合わせるのか苦労したのを思い出しました。
耳元で聴きたいっっ
青木はムカつきます(笑)

もう10月‥あっという間に12月なんて来ますよね。
年取ってから1年経つのが早くて‥辛いですv-12

ふふふ‥ありがとうございました~e-446e-266

2012/10/07 14:57 | URL | ruru #Xl5e9i5Y  edit

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://harunarushima.blog.fc2.com/tb.php/608-e2c73f82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。