FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

 

Fleurage―たおやかな花たち―

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
このページの記事一覧

    

Posted on --:--:-- «edit»

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --

go page top

Posted on 16:33:04 «edit»

Category:進化のプロトコル

進化のプロトコル 4 

※創作です



遅い更新ですみません。
その割には‥拙いです(^_^;)

よろしかったら、どうぞ覗いていって下さいませ。
「進化のプロトコル」 4 記憶  





その坂の上から海を見渡すと冬の澄んだ空気に
三浦半島、遠く伊豆半島まで臨めた。

条例で建築される家屋も限られている為に
かなり間を空けて立つ家々。
葉の落とされた桜の並木が続く坂を降りていてもひとの気配はない。

坂の中ほどまで降りて来た時、前を歩いていた薪さんが立ち止って
振り返る。
「‥手」
「手‥?」
黙って差し出された薪さんの白く細い指が目に入った。
羽織っている黒のコートの下から指だけが出ている、
その‥可愛らしさときたら‥
さっと握って、指を強く絡ませた。
すると、
オレの顔も見ずに顔を背けて手を引っ張るように
歩いていく。
「薪さん、コンビニってふたりで行ったことないですよね」
「‥コンビニに行くだけなのに‥
どうしてついてくるんだ!」
「どうしてって‥ひとりじゃ危ないですよ」
「コンビニくらい行ったことある」
「薪さんがコンビニ‥似合わないです」
「似合っても似合わなくても行くしかないだろ。
今日はコブ付きだ」
「コブって‥」
「随分と大きなコブだな」
ふふっと笑いながら坂の下の交差点を曲がった。


買ってきたのは―
鮭、辛子明太子‥昆布、和風シーチキンのおにぎりと
カップスープにペットボトルのお茶、等々
テーブルの上に広げたそれを見ながら
「オレが何か作りましょうか?」
そう尋ねると
「どうせ明日何か作るんだろ、今日はいい」
薪さんが答えた。
確かに暮に薪さんを飢えさせる訳にもいかないから
作るつもりだ。
一応、暮は休み。
緊急時の召集に備えて自宅待機という形になる。
何かあれば‥去年のように大晦日から捜査、ということも 考えられるから、
休める時に休んだ方がいい。
だから今日は‥好きな音楽を聞きながら本でも読んで‥
ゆっくりしようと薪さんは言う。
確かにハードな12月だったとは思うけど。
そして、とどめに引っ越し。
スケジュール的に12月しか空いてなかったし、
新年にずれ込みたくないという薪さんの希望もあったから。

それにしても‥
買い物から戻ってきて、「シャワーしてくる」と言った薪さんは
シャワーから出ても、落ちつきなくリビングと書斎を行ったり来たり‥
「薪さん、食事しないんですか?
卵焼き作りましたよ」
いくら暖房が効いてるからって、シャツ1枚でウロウロするのは
風邪ひきそうだし‥こっちの精神衛生上よくないし。
「‥薪さん!」
ダイニングテーブルの前に座ったまま
オレの後ろを通っていた薪さんの腰を掴まえて、
そのまま膝に乗せた。
「青木、離せ‥」
胸を両手で突っ張って逃げようとする薪さんを抱きしめると
やっと大人しくなって‥小さな溜息をついた。
「‥どうしたんですか」
オレの肩に額を擦りつけながら呟く。
「たぶん‥落ちつかないんだ。
でも、嫌な感じじゃなくて、
ほんとうにこのまま一緒にいられるのか‥とか
お前を僕が束縛してて‥お前は不快じゃないのか‥
そんなことを考えてしまう」
「でも、嬉しいですか?」
「‥‥言いたくない」
いつもの可愛くてへそ曲りな薪さんの答えだ。
「‥オレは嬉しいです。
毎日薪さんの寝顔を見れるなんて夢のようですよ」
「そのうち飽きる」
「‥まさか。
何度抱きしめたって毎回ドキドキするのに‥」
「今もか?」
白い裾の長いシャツの下から伸びた
滑らかな太股が自分の膝の上にある。
そしてふわりと、薪さんの柔らかく花のように清らかで
それでいて誘われるようなそそられるような香りが‥鼻腔から
脳に‥そして視床下部に伝達され‥
オレはダウン寸前‥。
両腕で抱きしめても、もう一回りしそうな程細い腰をかかえ上げて
寝室に移動しようとすると
「ちょっと待て!えっと‥ソファ、ソファに‥」
薪さんは元々夜より朝とか昼間するのを好むひとで
もしかしたら昼間の回数の方が多いかもしれない。
だから基本、拒否されたことはないけれど、
‥今日は‥何かあるのか、
様子がおかしい。
抱き上げた腕の中でもがく薪さんを慌ててリビングまで運び
3人がけのソファの向かいに置かれた、薪さん専用のわざわざ英国から取り寄せた、
チェスターフィールドのシングルウイングソファーに腰かけさせた。
そして、その前の床に跪き、朱色のソファの薪さんを見上げる。
「どうかしたんですか‥?」
「えっと‥あ‥っと‥」
ソファに肘をついたままじっと宙を見つめる薪さん、
が、いきなり立ち上がったと思ったら、リビングをさっさと出ていく。
唖然として見つめていたオレの前に再び戻ってきた薪さんが
また座りなおして‥
はぁー‥と大きな深呼吸をするとオレと目を合わせることなく
足元に視線をやったまま、
「クリスマスのプレゼント‥お前に渡してなかっただろ」
早口で蚊の鳴く様な声で言った。
プレゼント‥プレゼント!?
今頃‥?
「それは‥ホテルで‥リボンで結ばせて頂きましたけど‥」
「あれは遊びだ。
僕だってちゃんと用意してたのに‥」
「薪さんから何か貰おうなんて全然思ってないです。
一緒に住んでもらえるだけでオレは‥」
心なしか頬が赤くなってる薪さん‥こんな薪さんはあまりお目にかかったことがない。
「こういうの大切なんじゃないのか?
それとも‥別に欲しくないんだ」
「そんなわけないでしょう!
薪さんがくれるものだったらオレは何でも嬉しいです!」
そうだ、例え小言でも諫言でも‥何でも嬉しい。
「だから、下さい。持ってきたんですね?」
意を決したように「手を出せ」と、言って
背中に隠していた、ギュッと握った右手の拳をオレの目の前に持ってきた。
「‥‥」
相変わらず背けられたままの、小さな‥美しい横顔。

オレは何故か‥さっき見た、
コートの袖から覗く、白く細い指を思い出す。

‥何だろう‥
チラつくのは、さっき見たばかり光景の‥記憶。


真意が分らぬまま薪さんの前に開いた手の平を黙って差し出した。




続く




プロトコル=議定書という意味合いでタイトルにくっつけました。
国家間の正式な合意文書‥

今回の場合、薪さんと青木の間に結ばれた心の議定書は
いかなるものなのか‥というのを書きたいと思って
やっと4話まで進んだところです。

 1月10日、鍵拍手コメ下さいましたS様へ

S様拍手とコメントありがとうございます!
お返事の方はメールで差し上げますので〜(^−^)
えっ‥?
鼻血?(笑)ふふふふ‥本望ですv-344

  by ruru

 10月12日鍵拍手コメ下さいましたAさまへ

Aさま、スミマセン!
お返事遅くなりました(>_<)
拍手とコメントありがとうございます~

お腹に石があるとやはり、痛いですよね。大丈夫ですか?

それが‥痛みはないのです。
以前2回ほど真っ赤な血尿が出たのですが
ホルモンのバランスが悪いからだろう‥としか思ってなくて(^_^;)
右の背中が痛いから肝臓かな?
そしたら逆の左の腎臓に石が(笑)

以前にもここにコメント書いた気がするのですが消えたのかな?
書くことが重複するかもしれません(^^;)


鍵で下さってたらお返事はコメのお返事のところにある筈ですが
もしかしたら拍手コメかもしれません。
もう一度探してみます、ごめんなさいm(__)m

原作の薪さんはスーパーの店長と顔なじみだったんですよね。
コンビ二よりスーパーに行くことが多かったのかな?何か自分で作ってたんでしょうか(^^)


忌まわしい出逢いがありましたね。
あの時貝沼に会ってなくても鈴木さんは関係無く亡くなってたのでしょうか?
悲しい運命のもとに生まれた薪さんですね。
プライベートと言えば‥薪さんはきっとお母さんが外人ですよ。
天地さんが言ってた外国人の女性の生霊はお母さんですよね。

青木の美味しい食事に慣れるとコンビニのおにぎりは物足りないでしょうね。
プレゼントを渡すのに恥ずかしそうな薪さんカワイイ!


この時は薪さん、照れました(笑)
次の回ではもっと大照れ(^^♪
青木の美味しいご飯になれたら他のものはきっと
食べられない筈です。
でも圧力なべは‥嫌だっ!
私はやっぱりクールでカッコいい薪さんより可愛い薪さんが好きですv-254

  by ruru

Comment-WRITES

go page top

 コメント 

1月10日、鍵拍手コメ下さいましたS様へ

S様拍手とコメントありがとうございます!
お返事の方はメールで差し上げますので〜(^−^)
えっ‥?
鼻血?(笑)ふふふふ‥本望ですv-344

2011/01/10 19:28 | URL | ruru #Xl5e9i5Y  edit

10月12日鍵拍手コメ下さいましたAさまへ

Aさま、スミマセン!
お返事遅くなりました(>_<)
拍手とコメントありがとうございます~

お腹に石があるとやはり、痛いですよね。大丈夫ですか?

それが‥痛みはないのです。
以前2回ほど真っ赤な血尿が出たのですが
ホルモンのバランスが悪いからだろう‥としか思ってなくて(^_^;)
右の背中が痛いから肝臓かな?
そしたら逆の左の腎臓に石が(笑)

以前にもここにコメント書いた気がするのですが消えたのかな?
書くことが重複するかもしれません(^^;)


鍵で下さってたらお返事はコメのお返事のところにある筈ですが
もしかしたら拍手コメかもしれません。
もう一度探してみます、ごめんなさいm(__)m

原作の薪さんはスーパーの店長と顔なじみだったんですよね。
コンビ二よりスーパーに行くことが多かったのかな?何か自分で作ってたんでしょうか(^^)


忌まわしい出逢いがありましたね。
あの時貝沼に会ってなくても鈴木さんは関係無く亡くなってたのでしょうか?
悲しい運命のもとに生まれた薪さんですね。
プライベートと言えば‥薪さんはきっとお母さんが外人ですよ。
天地さんが言ってた外国人の女性の生霊はお母さんですよね。

青木の美味しい食事に慣れるとコンビニのおにぎりは物足りないでしょうね。
プレゼントを渡すのに恥ずかしそうな薪さんカワイイ!


この時は薪さん、照れました(笑)
次の回ではもっと大照れ(^^♪
青木の美味しいご飯になれたら他のものはきっと
食べられない筈です。
でも圧力なべは‥嫌だっ!
私はやっぱりクールでカッコいい薪さんより可愛い薪さんが好きですv-254

2012/10/13 15:53 | URL | ruru #Xl5e9i5Y  edit

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://harunarushima.blog.fc2.com/tb.php/614-ac3f8232
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。