Admin * New entry * Up load * All archives 

 

Fleurage―たおやかな花たち―

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧

    

Posted on --:--:-- «edit»

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --

go page top

Posted on 20:37:29 «edit»

Category:F(エフ)

F(エフ) 1 

不定期の双葉の成長日記、F(エフ)です。

青木目線の育児日記にしようと思ったのですが
育児日記ではないですね、本日は泣き虫青木が主人公。


F(エフ) 1



薪さんは
『夢の中で生きて行く』
そんなことを言っていたけれど薪さんと双葉だけにして出掛けると
時折心配になる。

ほんとうにふたりはここにいて、息をしているふたりなのかと。
夢の中の住人じゃないのか―
そんな気さえする。

だからもう‥30分に一度はメールするし、
電話だって頻繁に‥

『お前、そんなに仕事が暇なのか?難しい案件幾つも扱ってるだろ!
集中しろっ!』
と、言われて‥
メールだけに集中する。
勿論、返信なんてありはしないけど。

双葉がいるとかいないとか関係なく、いつも出来ることはしていたけれど
今は籠っているふたりの為に何でもしようと思う。

今回のことじゃまた薪さんを追いこんでしまったと‥反省して、
これからは全力で守ることだけに専念したいと思った。

オレは割と貯め込まないのか、精神的に悩むことはないけれど
今回のことは‥決心する随分前から悩んで、苦しんで‥
薪さんの為に‥ただ純粋に愛する人の為にどうしたらいいのか
こんなに考えたこと無いってくらい考えて、
最終的に決めた。
でもそれから、
ほぼ10カ月の間一言もこのことを告げられなくて
なんでこんなにいくじがないんだと自分に腹が立ったりもした。

薪さんが精神的に不安定だったこともあって自分で処理しようと
全ての苦しみを引きうけて薪さんにはウソをつき通そうと―
薪さんにウソをつき通すってことがムリな話なのに。

だけどひととして、薪さんの‥あの薪さんのパートナーとしてオレは
ひとりで立っていたかった。
薪さんに依存せず‥自分の中に抱き込んで、どんなことをしても
薪さんをオレだけの力で護りたかった。

ひとりで立っているだろうか、薪さんを護れているだろうかと
いまも気になって‥
あっ‥今は双葉も護らなければいけないし。
薪さんは逆に自分がオレと双葉を護るって言っていたけど、
オレだって薪さんを護りたい、命懸けで護っているつもりだったのに
左手の薬指に光るリングを見つめて‥また苦しめてしまった―
自己嫌悪に陥って、慰められて。
なにやってんだろうな。

モニタールームでそんなことをつらつら考えながら携帯を取り出し
薪さんの待ち受けを眺めてると、 背後に影が‥

「何やってんだ‥」
「‥お、かべさん‥」
「幸せそうで結構だな。
それで?お前の子は‥?」
とりあえず事情を知ってる岡部さんはいいだろう‥と、
双葉の待ち受けを岡部さんの前に差し出した。

「‥ほんとにお前の‥?薪さんの子じゃないのか‥」
「そんなわけないですよ、オレの‥」
確かに自分の体細胞で生まれた子だ。
ただ不思議なことに黒々としていた髪の色が少しづつ薄くなってる気がする。

想いが‥通じることがあるのなら‥そんなことも不思議じゃなくて―
オレと薪さんの想いをあの小さな体が叶えてくれるのかもしれない。

「1回見せに来いよ、どんなのか見てみたい」
「えぇっ‥見るんですか?岡部さんが‥?」

泣くかもしれない。
双葉ではなく、岡部さんが。
完璧なまでの無視が出来る子だから岡部さん、泣くぞ。

それに、あの子は目の前で薪さんをいつも見てる子なんだ。
岡部さんの顔が目の前に現れた場合どうなるか‥これは予測がつかない。

「‥考えさせて下さい」
「なんでだ」
「薪さんに相談しないと‥」
「‥‥」
岡部さんは‥黙って引き下がった。

「あの‥もう少し大きくなったら‥」
「ほんとだなっ?!」
‥‥そんなに見たいんですか‥


なんかドキドキする。

欅坂の天辺を目指して静かな住宅街を行くオレの心臓は
いつも早鐘のように鳴っている。
あの家に薪さんがいる、小さな赤ん坊と一緒にあそこでオレのことを
待っていてくれるのかと思うと‥ドキドキするんだ。

息をいささか切らしながら早足で坂を登り切ると
白い外壁と桜の樹、そして欅に覆われた玄関先が見えて、
玄関の外灯が明るく辺りを照らして‥
なんて幸福な光景だろうと思って不覚にも涙ぐんでしまう。
また薪さんに『泣くのは赤ん坊だけで十分だ!』
怒られてしまうな。

そっと鍵を開いて‥静かな室内で耳をすますと聞こえるのは
緩やかで美しいピアノの音、
子供にいいんだと薪さんが毎日双葉に聴かせているショパンや、サティ、
そんな調べが玄関にまでいつも聞こえている。

オレが帰ってきた気配をいち早く察知する薪さんは
どこか恥ずかしげな複雑な顔をして、いつも迎えに出てくれるけど
今日は‥

「あれ‥?」
双葉も泣いてないし‥。

急いで寝室を覗いたけど「いないな‥」
書斎とオレの部屋も覗いて‥廊下からリビングを見ても見当たらない。
リビングに入ってきてぐるりと一周眺めてみると、サンルームの辺りに
ぴょこぴょこと元気に動く小さな足が見えた。
「あそこか‥でも薪さんは‥」
サンルーム全体が見える位置まで来たら‥分った。
双葉の横でクッションを枕にすやすやと、
それこそ無垢な赤ん坊のように眠る薪さんの姿、
朝から降り続く雨を受けるサンルームで薪さんはこの子にミルクを飲ませた後
そのまんま横になって眠ってしまったらしい。
薪さんの手は、双葉の体を大事そうに守って添えられていて‥

「可愛いです、ヤバいですよ‥こんな無防備で」
双葉の方に横向きになって体は膝を曲げたまま少し丸まっていた。

「風邪ひきますよ」
傍に座ったオレに気づいて双葉がニコッと笑い‥益々手足をバタつかせる。
「大人しくしてなさい。薪さんが起きてしまうだろ。
薪さんが好きで大事なら、静かに寝かせてあげないと」
すると言ってることが分ったのか大人しくなって、その唇から小さな声が漏れだした。
まるでハミングするような愛らしい喃語だ。
「うーあうー‥」
この子がご機嫌な時に発する声。
そうか、この子も薪さんを護りたいのか‥。
この子にとってもオレにとっても薪さんは、世界で一番大切な人で
世界で一番好きな人なんだ。

オレは、双葉に添えられた薪さんの指をそっと握って引き寄せると
起きないように柔らかくくちづけた。

「護りたいんだったら‥この手はいらないよな、これはオレのだし」
じいっとオレを見上げるこの子の髪をよく見る、やっぱり少し色が抜けてる気がする。

「ふたちゃんは‥薪さんにも似たいんだ、そうなんだろ?」
「んま‥んま‥うぅー」
楽しげに歌うように声を上げるこの子の横で‥安心したように眠っている薪さんが
嬉しかった‥嬉しくてついつい髪や頬や首すじとか触って幸せを噛みしめる。

どうせすぐ泣くから‥いいんだ、そう言われても。
オレは泣き虫ですから。
嬉しくて、幸せで‥涙が出ることって‥人生の中でそんなに無いと思う。
だから‥泣いたって‥

「‥また泣いてるのか!」
パチッといきなり目を覚ました薪さんの前にスーツを着たまま横になって泣いてるオレというのも
どうなんだろう‥とは思うけど。
「いや、幸せだなって思ったら泣けてきて‥」
ガバッと体を起こして薪さんがのたまった。
「キッチンの哺乳瓶とこの子の着換え、お前が洗いたいだろうから残しといた」
「‥‥」
「ほら双葉、お父様が戻ってきたから一緒に遊んでもらいなさい。
青木、僕はシャワーしてくるから後はよろしく」
‥お父様って‥嫌味だなぁ

そんなつれない薪さんだってオレはいいんだ。
そこに存在するだけで―
あれ‥すごく匂うな‥

「ふたちゃん、オレが戻ってくるの待っててしたわけなのか‥?」
両脇を抱えてブランと抱き上げると
急に‥ケラケラと笑い声を上げた。
「‥声を上げて‥笑った‥!?」

「薪さんっ!この子笑い声をあげましたよっ!」

シャワールームにまで報告しに行って 
「お尻がただれるじゃないか!さっさと取り替えてあっちで大人しくしてろ!」と、怒られたけど
ほんとうに幸せで‥後でベッドの中でその幸せを薪さんに全部捧げたいと
密かに思っていた。






1話完結のシリーズの第1話目でした。
ちなみにFシリーズ不定期です。
次は薪さん目線でいきます。

本日のふたちゃん、声を出して笑えました。


よろしければ、こちらをポチっとお願いいたします。

tb: --     com: (5)

 こんにちはー

ruruさんこんにちは〜
あの…ruruさんは大丈夫ですか?元気ですか?
私はメーターが振り切れたので、大丈夫になりました。
その節は励ましのお言葉をありがとうございました!
今度はruruさんが心配ですー><
わぁい!育児日記が更新されている!うれしいです!
この二人が、ただいまとおかえりなさいを言えるというのが、
なんだかとても胸を熱くさせました。
うう…しかもふたちゃんまでいて…夢の中にいるのかしらと思うほど
幸せな光景ですね。
安心したように眠る薪さん…ああ…私も髪や頬や首筋を触りたいです。
ふたちゃんを愛しく思って、大切に護るように手を添えて
静かに寝息を立てている薪さんの姿を見たら、
幸せですよね。青木くん泣いちゃうの仕方ない。
一人で悩んで抱えてきて苦しかったでしょう。
薪さんはとても大きな存在で、青木はいつも敵わないと思っていて…
僕が護るから…そんなことで悩む必要はないのにと薪さんは
思っていそうですが。それよりも揺ぎ無い愛をと。
青木は護られてばかりいることをしっかり受け止めて、
もう一歩成長したいんですよね。
育児を通して、青木くんも成長していって欲しいと思います^^
よく考えたら、生まれたときから超絶に美しい薪さんに育てられていたら
…なんか一生だれも好きになれなくなりそうですね笑
それかいっそ間逆の人を選ぶか…
あ、大事なのは中身?そういう優しい子だといいですね。

  by にに子

 元気をいただきましたよーー

にに子さま、いらっしゃいませ〜
コメントありがとうございますm(__)m
> あの…ruruさんは大丈夫ですか?元気ですか?
> 私はメーターが振り切れたので、大丈夫になりました。
元気になりましたか、よかったです。
私も波は少し低くなりました。
読む前よりは落ち付いたかも知れませんね、でも決定的な言葉が
超痛かったです‥くすん‥
> その節は励ましのお言葉をありがとうございました!
> 今度はruruさんが心配ですー><
あはははははははは〜
そんな、大した事ではありませんよ。
私ですか‥?
私は午前と午後で違うのでおかしいです(笑)

> わぁい!育児日記が更新されている!うれしいです!
なんとなく書きたくなって‥書きました。
原作見たら青木も子育てしてて‥ゲップさせてて‥ワ――イ、一緒!
そこは喜びましたが‥よくよく考えるとシチュが全然違うので
可哀想になりました、原作の青木が。
育児日記はさすがにエロはないので‥
エロ書きたいですって何言ってんだか‥(-_-;)

> この二人が、ただいまとおかえりなさいを言えるというのが、
> なんだかとても胸を熱くさせました。
> うう…しかもふたちゃんまでいて…夢の中にいるのかしらと思うほど
> 幸せな光景ですね。
ほんとに‥つくづくそう思います。
二次創作しててよかった‥じゃなきゃ‥かなり厳しい精神状態に
なってました。
今も‥きいぃぃぃぃーーーっっ‥ってなりますけどね(笑)
でも夢みたいに幸福な三人に癒されます。
私の創作の中にも本編があって‥立夏が最新の本編ですが
あれとは違う時空ですから単発で書きたいと思っております。
> 安心したように眠る薪さん…ああ…私も髪や頬や首筋を触りたいです。
青木くんが触ると‥エロくて(笑)
それもいいのですけどね(^_^;)
> ふたちゃんを愛しく思って、大切に護るように手を添えて
> 静かに寝息を立てている薪さんの姿を見たら、
> 幸せですよね。青木くん泣いちゃうの仕方ない。
ですか‥
そうですね。
赤ん坊と薪さんが一緒にすやすや‥これ、原作で見れないですかね。
密かに期待しているのですけど‥どうなのでしょう。
そんなの原作で見た時には‥わんわん泣きますよ、本屋さんだろうが
レストランだろうが、試験会場であろうが^_^;
芯から優しい薪さんは護るように手を添えますv-398
> 一人で悩んで抱えてきて苦しかったでしょう。
> 薪さんはとても大きな存在で、青木はいつも敵わないと思っていて…
自分の方が愛しているって言うし‥薪さんは。
色んな面で敵わないと思っていたでしょう。
でも今回は青木自身が決断して‥身を持って捧げたというか
自分の身は地獄へと落としても薪さんへ捧げたかったのだと思うのです。
青木のそんな思いもすごいですけどね。
辛かったでしょうに‥e-263
> 僕が護るから…そんなことで悩む必要はないのにと薪さんは
> 思っていそうですが。それよりも揺ぎ無い愛をと。
> 青木は護られてばかりいることをしっかり受け止めて、
> もう一歩成長したいんですよね。
> 育児を通して、青木くんも成長していって欲しいと思います^^
護られてばかりでしたから。
強固な信頼関係を築いて‥これからはもっと深く結ばれたい‥
薪さんはお思いでしょうが、青木には青木の思いもあって。
自分だけで、自分の力でもってふたりを護ると言う自覚を
持っただけでも素晴らしいことです。
成長ですね、青くても。
でも育児はすごく上手な気がします。
ゲップも出せるしうん●のオムツも替えられる(笑)

> よく考えたら、生まれたときから超絶に美しい薪さんに育てられていたら
> …なんか一生だれも好きになれなくなりそうですね笑
> それかいっそ間逆の人を選ぶか…
> あ、大事なのは中身?そういう優しい子だといいですね。
ふふふふっ♪
美しすぎるひとがいて、これが当たり前だと思ってたら
好きになれないっ(>_<)
でも双葉という名前の通りに誰かを活かす為に
優しく見守ることができるひとでいてほしいです。
大事なのは中身‥分け隔てなくひとを見れる子‥
薪さんと青木が育てたらきっといい子になりますよ。
「つよちゃん、お花‥」ってお花摘んできてくれる双葉書きたいです。
ちなみに青木のことは‥「大パパ」‥ちっちゃい時は「とーたま」
子育て編についても楽しくて色々ネタがつきませんi-237

  by ruru

 7月1日鍵拍手コメ下さいましたMさまへ

Mさま、拍手とコメントありがとうございました〜♪
萌えどころ満載‥(笑)
ありがとうございますi-237
まず青木の想い‥ですか。
自分が護りたいと未だに諦めず(笑)思ってますからね。
でも苦しかったはずなんですよ、悩んで‥
一旦はとことんまで落ちたと思われますが薪さんへの愛が強くしたのでしょうね。
あ、岡部さん泣くかも‥?
ふたちゃんは病院慣れしてます、ということは‥
ひとになれているのですが‥岡部さんは特殊ですから‥
完全なる無視を身につけているふたちゃんの視界に入ることができるのか‥それが問題です(^_^;)
ふたちゃんを護るように手を添えて眠る薪さんですね(^^♪
傍で見たいし触りたいですよねi-175
天使のような寝顔を見たい‥‥i-233
私もそうですよ〜
時折また書きますのでお楽しみにっ!

  by ruru

 7月2日鍵拍手コメ下さいましたSさまへ

Sさま、いつもありがとうございますi-175
先ほどメールでお返事させていただきました〜♪
温かいお言葉‥嬉しかったです(/_;)

  by ruru

 7月2日鍵付き拍手コメ下さいましたAさまへ

Aさま、いつもご訪問ありがとうございますm(__)m
青木ってば心配性ですね。30分ごとにメールや電話しちゃうなんて(笑)
ちょっとしたストーカーですね。
さすがヘンタイです(笑)
薪さん、呆れて返信しません(^_^;)
今の原作の青木には薪さんを護ろうという気持ちが欠けている!姉夫婦の事件が起きてからの青木は自分のことでいっぱいなんだよね(´`)同じ育児でも天と地ほどの差がありますね(><)そう思うと可哀想かも。
それは思いました。
今月号見て、子育てシーンがダブったのでちょっと嬉しかったのですが‥
状況がまるっきり違うので‥可哀想かなって思いましたもの。
痛々しいというか。
薪さんを守りたいって気持も今は薄れていて‥自分の感情だけで動いていますよね。
薪さんを慮ることができなくて‥これが青木とは思いたくないです。
きっと気がつくと思うのですが。
心配しています‥i-181
ふたちゃんの横で安らかに眠る薪さんを見たら幸せで泣けてしまう。その気持ちが解ります(;;)
泣き虫ですから(笑)
自分の感情に素直なのでしょうね。
そして何より薪さんを愛している‥そこに尽きますね、
そんな薪さん‥見たいです(/_;)
普通の幸せを味わっている薪さんを見たいです。
どうにかならないでしょうか‥e-263
声をあげて笑うふたちゃんは天使のようで・・私もしばし、幸せな気分に浸れました(^^)
だいたい2、3カ月で声を上げて笑えるように
なりますから、ふたちゃんは普通の成長を遂げています。
成長に関して心配がいささかあるのでちょっとしたことも青木は嬉しいのでしょう。
責任がありますし。
笑って‥寝返りして‥はいはいして。
そんな成長の過程を書いていきたいと思っております。
幸せな気分に‥?きゃーーありがとうございますっ\(^o^)/きゃっきゃきゃっきゃ笑うのでしょうね。
今はまだケラケラ‥っと笑う程度でしょうか。
ありがとうございました〜

  by ruru

Comment-WRITES

go page top

 コメント 

こんにちはー

ruruさんこんにちは〜
あの…ruruさんは大丈夫ですか?元気ですか?
私はメーターが振り切れたので、大丈夫になりました。
その節は励ましのお言葉をありがとうございました!
今度はruruさんが心配ですー><
わぁい!育児日記が更新されている!うれしいです!
この二人が、ただいまとおかえりなさいを言えるというのが、
なんだかとても胸を熱くさせました。
うう…しかもふたちゃんまでいて…夢の中にいるのかしらと思うほど
幸せな光景ですね。
安心したように眠る薪さん…ああ…私も髪や頬や首筋を触りたいです。
ふたちゃんを愛しく思って、大切に護るように手を添えて
静かに寝息を立てている薪さんの姿を見たら、
幸せですよね。青木くん泣いちゃうの仕方ない。
一人で悩んで抱えてきて苦しかったでしょう。
薪さんはとても大きな存在で、青木はいつも敵わないと思っていて…
僕が護るから…そんなことで悩む必要はないのにと薪さんは
思っていそうですが。それよりも揺ぎ無い愛をと。
青木は護られてばかりいることをしっかり受け止めて、
もう一歩成長したいんですよね。
育児を通して、青木くんも成長していって欲しいと思います^^
よく考えたら、生まれたときから超絶に美しい薪さんに育てられていたら
…なんか一生だれも好きになれなくなりそうですね笑
それかいっそ間逆の人を選ぶか…
あ、大事なのは中身?そういう優しい子だといいですね。

2011/07/01 09:17 | URL | にに子 #SFo5/nok  edit

元気をいただきましたよーー

にに子さま、いらっしゃいませ〜
コメントありがとうございますm(__)m
> あの…ruruさんは大丈夫ですか?元気ですか?
> 私はメーターが振り切れたので、大丈夫になりました。
元気になりましたか、よかったです。
私も波は少し低くなりました。
読む前よりは落ち付いたかも知れませんね、でも決定的な言葉が
超痛かったです‥くすん‥
> その節は励ましのお言葉をありがとうございました!
> 今度はruruさんが心配ですー><
あはははははははは〜
そんな、大した事ではありませんよ。
私ですか‥?
私は午前と午後で違うのでおかしいです(笑)

> わぁい!育児日記が更新されている!うれしいです!
なんとなく書きたくなって‥書きました。
原作見たら青木も子育てしてて‥ゲップさせてて‥ワ――イ、一緒!
そこは喜びましたが‥よくよく考えるとシチュが全然違うので
可哀想になりました、原作の青木が。
育児日記はさすがにエロはないので‥
エロ書きたいですって何言ってんだか‥(-_-;)

> この二人が、ただいまとおかえりなさいを言えるというのが、
> なんだかとても胸を熱くさせました。
> うう…しかもふたちゃんまでいて…夢の中にいるのかしらと思うほど
> 幸せな光景ですね。
ほんとに‥つくづくそう思います。
二次創作しててよかった‥じゃなきゃ‥かなり厳しい精神状態に
なってました。
今も‥きいぃぃぃぃーーーっっ‥ってなりますけどね(笑)
でも夢みたいに幸福な三人に癒されます。
私の創作の中にも本編があって‥立夏が最新の本編ですが
あれとは違う時空ですから単発で書きたいと思っております。
> 安心したように眠る薪さん…ああ…私も髪や頬や首筋を触りたいです。
青木くんが触ると‥エロくて(笑)
それもいいのですけどね(^_^;)
> ふたちゃんを愛しく思って、大切に護るように手を添えて
> 静かに寝息を立てている薪さんの姿を見たら、
> 幸せですよね。青木くん泣いちゃうの仕方ない。
ですか‥
そうですね。
赤ん坊と薪さんが一緒にすやすや‥これ、原作で見れないですかね。
密かに期待しているのですけど‥どうなのでしょう。
そんなの原作で見た時には‥わんわん泣きますよ、本屋さんだろうが
レストランだろうが、試験会場であろうが^_^;
芯から優しい薪さんは護るように手を添えますv-398
> 一人で悩んで抱えてきて苦しかったでしょう。
> 薪さんはとても大きな存在で、青木はいつも敵わないと思っていて…
自分の方が愛しているって言うし‥薪さんは。
色んな面で敵わないと思っていたでしょう。
でも今回は青木自身が決断して‥身を持って捧げたというか
自分の身は地獄へと落としても薪さんへ捧げたかったのだと思うのです。
青木のそんな思いもすごいですけどね。
辛かったでしょうに‥e-263
> 僕が護るから…そんなことで悩む必要はないのにと薪さんは
> 思っていそうですが。それよりも揺ぎ無い愛をと。
> 青木は護られてばかりいることをしっかり受け止めて、
> もう一歩成長したいんですよね。
> 育児を通して、青木くんも成長していって欲しいと思います^^
護られてばかりでしたから。
強固な信頼関係を築いて‥これからはもっと深く結ばれたい‥
薪さんはお思いでしょうが、青木には青木の思いもあって。
自分だけで、自分の力でもってふたりを護ると言う自覚を
持っただけでも素晴らしいことです。
成長ですね、青くても。
でも育児はすごく上手な気がします。
ゲップも出せるしうん●のオムツも替えられる(笑)

> よく考えたら、生まれたときから超絶に美しい薪さんに育てられていたら
> …なんか一生だれも好きになれなくなりそうですね笑
> それかいっそ間逆の人を選ぶか…
> あ、大事なのは中身?そういう優しい子だといいですね。
ふふふふっ♪
美しすぎるひとがいて、これが当たり前だと思ってたら
好きになれないっ(>_<)
でも双葉という名前の通りに誰かを活かす為に
優しく見守ることができるひとでいてほしいです。
大事なのは中身‥分け隔てなくひとを見れる子‥
薪さんと青木が育てたらきっといい子になりますよ。
「つよちゃん、お花‥」ってお花摘んできてくれる双葉書きたいです。
ちなみに青木のことは‥「大パパ」‥ちっちゃい時は「とーたま」
子育て編についても楽しくて色々ネタがつきませんi-237

2011/07/02 02:34 | URL | ruru #Xl5e9i5Y  edit

7月1日鍵拍手コメ下さいましたMさまへ

Mさま、拍手とコメントありがとうございました〜♪
萌えどころ満載‥(笑)
ありがとうございますi-237
まず青木の想い‥ですか。
自分が護りたいと未だに諦めず(笑)思ってますからね。
でも苦しかったはずなんですよ、悩んで‥
一旦はとことんまで落ちたと思われますが薪さんへの愛が強くしたのでしょうね。
あ、岡部さん泣くかも‥?
ふたちゃんは病院慣れしてます、ということは‥
ひとになれているのですが‥岡部さんは特殊ですから‥
完全なる無視を身につけているふたちゃんの視界に入ることができるのか‥それが問題です(^_^;)
ふたちゃんを護るように手を添えて眠る薪さんですね(^^♪
傍で見たいし触りたいですよねi-175
天使のような寝顔を見たい‥‥i-233
私もそうですよ〜
時折また書きますのでお楽しみにっ!

2011/07/02 22:38 | URL | ruru #Xl5e9i5Y  edit

7月2日鍵拍手コメ下さいましたSさまへ

Sさま、いつもありがとうございますi-175
先ほどメールでお返事させていただきました〜♪
温かいお言葉‥嬉しかったです(/_;)

2011/07/02 22:41 | URL | ruru #Xl5e9i5Y  edit

7月2日鍵付き拍手コメ下さいましたAさまへ

Aさま、いつもご訪問ありがとうございますm(__)m
青木ってば心配性ですね。30分ごとにメールや電話しちゃうなんて(笑)
ちょっとしたストーカーですね。
さすがヘンタイです(笑)
薪さん、呆れて返信しません(^_^;)
今の原作の青木には薪さんを護ろうという気持ちが欠けている!姉夫婦の事件が起きてからの青木は自分のことでいっぱいなんだよね(´`)同じ育児でも天と地ほどの差がありますね(><)そう思うと可哀想かも。
それは思いました。
今月号見て、子育てシーンがダブったのでちょっと嬉しかったのですが‥
状況がまるっきり違うので‥可哀想かなって思いましたもの。
痛々しいというか。
薪さんを守りたいって気持も今は薄れていて‥自分の感情だけで動いていますよね。
薪さんを慮ることができなくて‥これが青木とは思いたくないです。
きっと気がつくと思うのですが。
心配しています‥i-181
ふたちゃんの横で安らかに眠る薪さんを見たら幸せで泣けてしまう。その気持ちが解ります(;;)
泣き虫ですから(笑)
自分の感情に素直なのでしょうね。
そして何より薪さんを愛している‥そこに尽きますね、
そんな薪さん‥見たいです(/_;)
普通の幸せを味わっている薪さんを見たいです。
どうにかならないでしょうか‥e-263
声をあげて笑うふたちゃんは天使のようで・・私もしばし、幸せな気分に浸れました(^^)
だいたい2、3カ月で声を上げて笑えるように
なりますから、ふたちゃんは普通の成長を遂げています。
成長に関して心配がいささかあるのでちょっとしたことも青木は嬉しいのでしょう。
責任がありますし。
笑って‥寝返りして‥はいはいして。
そんな成長の過程を書いていきたいと思っております。
幸せな気分に‥?きゃーーありがとうございますっ\(^o^)/きゃっきゃきゃっきゃ笑うのでしょうね。
今はまだケラケラ‥っと笑う程度でしょうか。
ありがとうございました〜

2011/07/03 04:17 | URL | ruru #Xl5e9i5Y  edit

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。